税理士ドットコム - [配偶者控除]一般口座で株を売った場合の扶養について - 株式を売却した年の翌年3月15日迄に、所得税の確定...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 一般口座で株を売った場合の扶養について

一般口座で株を売った場合の扶養について

パートしている主婦です。
15年ほど前に持株会で購入した株を一般口座で保管していました。
まだ売却はしていませんが、現時点では売却益が1,000万程になります。
私自身はパートの収入は100万程で主人の扶養となっています。
ちなみに主人の収入は700万弱です。
もし売却をしたら、確定申告をすることになり、税法上の扶養からは外れることになると思うのですが、社会保険上の扶養からも外れることになりますか?
株の売却はこれだけで、一時的の収入の場合は社会保険上の扶養は外れることはないという記述も別サイトで拝見したのですが、実際のところはどうなのでしょうか?
また、税法上の扶養から外れる場合は、どのような書類が必要となり、いつの時点で申請すればよろしいでしょうか?

全くの素人で無知だった為、特定口座ではなく一般口座に入れてしまっていたことを、今となっては本当に後悔しています。

税理士の回答

株式を売却した年の翌年3月15日迄に、所得税の確定申告をする事になります。
売却年は、税金の扶養から外れる事になります。
社会保険は、一時的な所得であれば、扶養から外れることはありません。

本投稿は、2018年11月08日 21時20分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,123
直近30日 相談数
1,201
直近30日 税理士回答数
2,402