親の扶養控除について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 扶養控除
  4. 親の扶養控除について

親の扶養控除について

私は20代の女性で、現在義父の扶養に入ってます。保険証も義父の会社都合で入り、持っています。

バイト以外にもネットのフリーランス的な仕事も今年に入ってやり始めたんですが、年収が去年バイトの方で89万円でした。103万を越えると扶養から外れると昔から言われてるんですが、稼ぎを増やしたいと考えています。

103万円 130万円 150万円の壁は扶養家族に該当する私でも当てはまるんでしょうか?
103万円越えると保険証も返す事になりますか?

壁については散々調べたんですが、イマイチ理解に悩み相談させていただきました。

税理士の回答

ご質問ありがとうございます。
扶養の考え方は、所得税、住民税、社会保険など、それぞれの制度により異なります。

所得税・住民税についていえば、収入103万円(所得38万円)を超えるとお父様の扶養から外れる必要があります。扶養から外れると、お父様は扶養控除が受けられなくなり、税額が増えます。また、あなた自身も所得税・住民税を支払う必要があります。

また、社会保険での扶養は、バイト・フリーランスとして業務をしている会社の状況により異なります。
小規模な会社であれば、年収130万円未満、週30時間未満であれば、扶養から外れる必要はありません。超えてしまうと、お父様の扶養から外れ、保険証も返す必要があります。

なお、働いている会社がもっと大きい場合(従業員501人以上)には、週20時間以上、月収8.8万円以上(年収換算約106万円)と、より低い金額でも扶養から外れることになるため、ご留意ください。

■結論
103万円 130万円等の壁は扶養家族に該当する私でも当てはまるんでしょうか?⇒当てはまります

103万円越えると保険証も返す事になりますか?
⇒小さい会社で働いている場合は、130万円を超えると、保険証を返すことになります。

よろしくお願いいたします。

税理士ドットコム退会済み税理士

所得税の扶養の上限は、給与収入103万円です。
社会保険の上限は、今後一年間の収入の見込みが、130万円以下となっています。
概算ですが、給与収入が150万円以上の場合は、お父さんの税負担を考慮しても、手取り額は増えると思います。

回答ありがとうございます。お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。

追加での確認になるんですが、
要は103万越えると、扶養から外れて額に応じた所得税と住民税がかかる。
130万越えると保険証も返す形で宜しいんでしょうか?

筋違いな話で大変恐縮なんですが、父の勤めてる会社名が入った保険証を持っているんですが、これは父が入ってる社会保険なんでしょうか?

税理士ドットコム退会済み税理士

ご連絡ありがとうございます。
上記の認識でよいと思います。正確には社保の扶養は、収入130万円未満です。
お父様の社保の扶養での保険証と思います。

本投稿は、2018年07月02日 00時05分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

扶養控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
30,959
直近30日 相談数
1,201
直近30日 税理士回答数
2,085