税理士ドットコム - [扶養控除]学生が年収130万円を超えてしまった - 103万円を超えると税金の扶養にはなりません。又、...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 扶養控除
  4. 学生が年収130万円を超えてしまった

扶養控除

 投稿

学生が年収130万円を超えてしまった

私は現在大学3年生なのですが、親からは103万円は超えてはいけないとい言われていたにもかかわらず 130万円を超えてしまいそうです。

超えてしまった場合、どのようなデメリットがありますか?
また、来年度の収入を103万円以内にすれば、また親は扶養手当をもらえ、私は親からの保険証を使えるようになりますか?

税理士の回答

103万円を超えると税金の扶養にはなりません。
又、130万円を超えると勤労学生控除の適用もありません。
年収が130万円以上の場合、社会保険の扶養から外れますが、今後、月額108,000円(130万円÷12ヶ月)以内を守られれば、扶養を抜けなくても良いと考えます。

ありがとうございます。
もう一つ質問なのですが、親の年収は約1千万で私はその他扶養です。その場合、父はいくらマイナスになるのでしょうか?

すみません、特定扶養親族でした!
年収1千万を超えると、所得税率と住民税率(?)はどのくらいですか?

特定扶養親族控除は、所得税は63万円、住民税は、45万円です。
住民税は、10%定率です。
45万円×10%=45,000円増えます。
所得税は、累進税率です。概算で、23%と考えます。
63万円×23%=144,900円増えます。
上記、概算です。

本投稿は、2018年12月06日 12時57分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
19,521
直近30日 相談数
909
直近30日 税理士回答数
1,472