税理士ドットコム - 市民税・県民税申告と医療費控除の還付申告について - こんにちは。医療費控除を自身の申告に反映できる...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 医療費控除
  4. 市民税・県民税申告と医療費控除の還付申告について

市民税・県民税申告と医療費控除の還付申告について

義父母の医療費について、自身の医療費控除として還付申告する場合、義父の市民税・県民税申告の手続きでは、医療費控除欄は記載不要でしょうか。
義父に年金以外の収入は無く、申告書の記載は、医療費控除の他に配偶者特別控除と社会保険料控除、生命保険料控除があります。
還付申告は、所得税、住民税からの還付が目的の為、義父の市民税・県民税申告の医療費控除欄に記載すると、住民税の不正還付になるのではないかと心配になり、質問させていただきました。よろしくお願いします。

税理士の回答

こんにちは。
医療費控除を自身の申告に反映できる場合は、「自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合」です。
したがって、別生計の場合はご自身の医療費控除とはできませんのでご留意ください。
よって、住民税についても所得税の申告において、義父の分の医療費をご自身の医療費控除とされた場合は義父の医療費とはできませんのでご留意ください。
詳細については、市や県の窓口へお問い合わせください。
以上、よろしくお願いいたします。

本投稿は、2018年03月10日 11時15分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

医療費控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,606
直近30日 相談数
1,200
直近30日 税理士回答数
2,423