税理士ドットコム - [医療費控除]医療費 年またぎの場合の確定申告のやり方 - 治療を受けるかどうかは、遅くとも確定申告をする...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 医療費控除
  4. 医療費 年またぎの場合の確定申告のやり方

医療費控除

 投稿

医療費 年またぎの場合の確定申告のやり方

はじめまして。
私(夫)が原因の為現在不妊治療をしています。
検査結果で私に問題があることが分かり人工授精をすることになっています。妻(扶養)がホルモン剤を投与したりエコーで卵胞のチェックをしながらタイミングをみて人工授精をする予定ですが、私が次に受診して治療を受けるのは年明けになります。その場合、私が受けた検査費の確定申告の仕方を教えてください。
確定申告時、領収書を送付の際何か一言添えたほうが良いのでしょうか。
受け取った税理士の方に上手く伝わる方法などありますか。

検査をして治療をしなければ検査費は医療費控除の対象外と認識しています。
よろしくお願いいたします。

税理士の回答

治療を受けるかどうかは、遅くとも確定申告をするまでには分かるでしょうから、「年明けに治療した」または「結局治療はしなかった」と税理士に伝えれば十分です。
確定申告書には、検査が治療につながったかどうかを記載するような欄はありません。しかし、税理士が作成する場合は別紙にコメントを付けることができますので、心配なら「書面添付」をしてもらうよう相談してはどうでしょうか。

ご返答ありがとうございます。
検査のみでは医療費控除対象外で、検査をして治療が必要となり治療をした時の検査費が医療費控除の対象であるという認識でいました。
今年不妊の検査をしてその結果で治療が必要になり年明けに治療をする予定でいます。(現在、私の検査結果により妻が先にホルモン剤やエコーでの卵胞チェックなどの治療をしています)
確定申告で領収書を提出(送付)しチェックをする方に分かるように一言別紙に書面添付した方が良いでしょうか。
それとも検査のみの領収書だけでも医療費控除の対象になるのでしょうか。
税理士の方にはお願いせず自分で確定申告します。
よろしくお願い致します。

検査の結果、治療が必要だという結論が出たわけですから、その時点で医療費控除の対象になると思います。治療が年明けになるかどうかは特に関係ありません。なお、書面添付は税理士にしかできないので、本人といえども別紙に記載したものは無視される可能性があると考えてください。万一、税務署から聞かれた場合はその後治療をしたと答えれば十分です。

本投稿は、2018年12月02日 14時37分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
19,445
直近30日 相談数
882
直近30日 税理士回答数
1,429