税理士ドットコム - 日本短期滞在時における収入の確定申告において - 米国に住所がある場合でも、日本国内で得た収入に...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 日本短期滞在時における収入の確定申告において

日本短期滞在時における収入の確定申告において

米国に住所がありますが現在日本に数年単位で短期滞在中で、デザインでフリーランスをしています。現在日本にはいるものの、フリーランスの仕事で米国支払いのものは米国で毎年確定申告しております。

日本滞在中の現在、日本国内で依頼された仕事でアルバイト程度の不定期な収入があります。今後も年間103万円を超えない範囲で収入が見込めそうなのですが、米国とは別に日本で個人事業主登録をした上で確定申告が必要になりますでしょうか。それとも、米国の確定申告に日本で得た収入を合わせて申告できるものなのでしょうか。

税理士の回答

米国に住所がある場合でも、日本国内で得た収入に対しては日本で確定申告が必要になります。また、フリーランスのお仕事ということですので、給与所得でなければ、年間103万円ではなく年間38万円超であれば税額が発生する可能性があります。その額を超えない場合でも、確定申告をすることによって源泉徴収された所得税が戻ってくる可能性もあります。

本投稿は、2015年10月06日 15時08分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
30,996
直近30日 相談数
1,183
直近30日 税理士回答数
2,047