税理士ドットコム - [確定申告]顧問契約  往復交通費実費支払いの場合について - 国税庁HPの解説の通り、顧問の方に直接支払う場合...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 顧問契約  往復交通費実費支払いの場合について

顧問契約  往復交通費実費支払いの場合について

国税庁のHPを確認しましたところ、
「源泉徴収の対象となる報酬・料金は、弁護士や税理士などの業務に対するものです。
 なお、謝金、調査費、日当、旅費などの名目で支払われるものも源泉徴収の対象となる報酬・料金に含まれます。
 ただし、次のイ又はロに該当する場合は源泉徴収の対象となる報酬・料金に含めなくてもよいことになっています。
イ 弁護士等に支払う金銭等であっても、支払者が国等に対し登記、申請をするため本来納付すべきものとされる登録免許税、手数料等に充てるものとして支払われたことが明らかな場合
ロ 通常必要な範囲内の交通費、宿泊費等を支払者が直接、交通機関やホテル等に支払う場合」
とございましたが、

支払者が顧問に対し、訪問時の交通費を実費(当日現金で渡した)で支払った場合、顧問は、その交通費を確定申告しなくてもよろしいのでしょうか?

また、支払者は、勘定科目を交通費で処理すれば、申告の対象にはならいのでしょうか?

それから、支払者が交通費を直接、交通機関に支払っていませんし、その顧問に交通費を支払っている場合についても、教えてください。

よろしくお願いします。


税理士の回答

国税庁HPの解説の通り、顧問の方に直接支払う場合には交通費等の名目でも原則としては源泉税の徴収が必要になります。しかし実務上では源泉税の対象にしていないケースも多く、また金額も少額であることから税務調査でも指摘されることはあまり無いかと思われます。

交通費等の名目であっても、顧問の方が直接受け取る場合には当然収入になりますので、確定申告には反映させる必要があります。通常の方法としては、受け取った金額を収入として処理するケースと、経費のマイナスとして処理するケースが考えられます。
支払う側では交通費としての処理で宜しいと思います。
宜しくお願いします。

ありがとうございます。
顧問側は、確定申告の際に収入として計上し、経費として支出という形で申告すれば問題無いということですね。

本投稿は、2015年11月06日 21時08分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

  • 「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」  交通費記載

    顧問契約において、交通費は実費で顧問に支払をしております。 「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」の書き方ですが、 この交通費も、記載し、税務署に提出...
    税理士回答数:  1
    2015年12月07日 投稿
  • 旅費交通費の仕分けについて

    「謝金」と「旅費交通費」の合計金額が毎月銀行に振り込まれる形になっています。 謝金は源泉徴収された金額で、交通費は基本的に立て替えた金額ですが、実費と異なる場...
    税理士回答数:  1
    2016年01月05日 投稿
  • 実費旅費の立替金について

    交通費(実費支給)を立替え、後日相手方から銀行に1か月分まとめて振り込まれています。この場合の仕分けについて以下で正しいでしょうか。 個人のクレジットカードで...
    税理士回答数:  3
    2016年01月19日 投稿
  • 弁護士顧問料の源泉徴収について

    いつでも法律相談できるように、単なる一個人として弁護士顧問契約をした場合、毎月の顧問料について源泉徴収する必要はありますか。
    税理士回答数:  1
    2015年09月03日 投稿
  • 旅費日当について

    旅費日当は食費や雑費などの補てんとして支払われるものだと思うのですが、 以下の3点については別途清算し、損金算入してもいいのでしょうか? それとも、日当で賄...
    税理士回答数:  2
    2016年04月29日 投稿

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,537
直近30日 相談数
1,242
直近30日 税理士回答数
2,498