退職後 無職 確定申告について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 退職後 無職 確定申告について

確定申告

 投稿

退職後 無職 確定申告について

こんにちは。初めて質問させて頂きます。

2018年7月に、2年間勤めた企業を退職しました。
それ以降、2019年1月現在まで、無職でおります。結婚等もしておりません。

会社から送られてきた源泉徴収票には、「年末未調整」とありましたので、確定申告をせねばいけないと思うのですが、不明点がいくつかございます。

①確定申告書はA・Bどちらか?
②退職金の明細書(?)は必要か
③病院に罹った際の、領収書や明細書を全く持っていないが、これは問題か

まったくの無知で申し訳ございませんが、お知恵をお借りできませんでしょうか。
宜しくお願い致します。

税理士の回答

確定申告Aになります。一般的には退職所得は申告しなくても良いと考えます。
しかし、所得の状況や退職所得で源泉徴収されている場合には、退職所得も申告した方がよい場合があります。その場合には、確定申告Bになります。
医療費は医療費控除を受けなければ、持参する必要はありません。

本投稿は、2019年01月11日 15時12分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告のハウツー記事一覧

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
23,985
直近30日 相談数
1,524
直近30日 税理士回答数
2,302