[確定申告]配偶者特別控除について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者特別控除について

配偶者特別控除について

夫が2つの会社から給与を貰っています。メインの会社でも収入が850万で、年末調整をしました。もう一つの会社の収入分は確定申告します。私の収入が40万なのですが、夫の年末調整時に給与所得者の配偶者特別控除申告書欄に記入して提出しました。その中に「あなたの本年中の合計所得金額の見積額」という欄に40万を記載したのですが、その欄内のカッコ書きに「(1,000万超える場合は申告できません)」という記載があります。
これは、私の収入が1,000万を超える場合の事を言っているのか、夫の収入+私の収入が1,000万超える場合の事をいっているのかどちらでしょうか。
夫の2社の収入+私の収入を出した時、1,000万を少しオーバーしてしまいます。
オーバーしているのですが、かかった経費を引くと1,000万を超えません。
どのように確定申告したら良いのか教えてください。
よろしくお願いします。

税理士の回答

配偶者特別控除は、控除を受ける方(ご主人)のその年分の合計所得金額が1,000万円以下であることが条件となります。
ご質問の扶養控除等申告書に書かれている「1000万円超える場合には申告できません」とは、ご主人のことを指します。
従って、ご主人の確定申告の際に、2か所の給与を合計した給与所得(給与収入ではなく給与所得控除額を差し引いた後の給与所得です)の金額が1,000万円以下であれば、配偶者特別控除が適用できますが、1,000万円を超える場合には配偶者特別控除は適用できませんのでご注意ください。
宜しくお願いします。

わかりやすいご回答ありがとうがいます。
もう少し伺いたいのですが、収入が1,000万を超えてしまってる時点で無理だということでしょうか?
経費分を引いた金額で1,000万超えなければ良いというものではないのでしょうか。

また、既に1社目の年末調整で配偶者特別控除申告書欄に記載してだしてしまったのですが、確定申告時にどのような処理を行えば良いのか教えて下さい

ご連絡ありがとうございます。
収入が1,000万円ではなく、経費分を差し引いた「所得」が1,000万円になります。
給与所得者の場合にはこの経費分を、給与収入の金額に応じた「給与所得控除額」として差し引きます。つまり、給与収入の合計額からこの給与所得控除額を差し引いたものが「給与所得」の金額になり、この給与所得の金額が1,000万円を超えるかどうかで判断します。

もし、ご主人の給与所得の金額が1,000万円を超える場合には、確定申告の際に「配偶者特別控除」の欄をゼロで記入して計算し申告して頂ければ大丈夫です。

宜しくお願いします。

本投稿は、2016年12月27日 18時38分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,396
直近30日 相談数
1,222
直近30日 税理士回答数
2,177