税理士ドットコム - [確定申告]源泉所得税と事業主貸の関係がわかりません - 確定申告書第二表の「所得の内訳」欄に記入し、最...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 源泉所得税と事業主貸の関係がわかりません

源泉所得税と事業主貸の関係がわかりません

フリーランスのWeb系エンジニアです。
取引先から源泉所得税が差し引かれて入金されます。下記のように仕訳しています。
普通預金 / 売掛金 ○○社様○月分
事業主貸 / 売掛金 源泉所得税分
事業主がすでに支払ったものとして源泉所得税分を事業主貸にするのは理解できます。
ですが、確定申告の所得税計算の際にこの仕訳がどこにも反映しないような気がします。

たとえば売上げが500万円あって、そのうち50万円を源泉所得税として差し引かれたものとします。
確定申告書には売上高500万に対して税率がかかり、100万円の所得税額となった場合、すでに支払っている50万円を記載する箇所がどこにもありません。

そこで質問です。
青色決算申告書または所得税確定申告書のどこを見ればすでに支払っている分が差し引かれていることがわかりますか?

ご面倒をおかけいたしますが、よろしくご回答をお願いいたします。

税理士の回答

確定申告書第二表の「所得の内訳」欄に記入し、最終的には、申告書Aの38、Bなら44の、「所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額」に転記する事で差引く事ができます。

本投稿は、2015年02月20日 18時55分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,668
直近30日 相談数
1,216
直近30日 税理士回答数
2,452