確定申告と今後の対応について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 確定申告と今後の対応について

確定申告と今後の対応について

今の会社に務め始めて4年と半年になります。
保険は父親の社会保険の扶養のままで
会社では保険とかは入ってません。
最近、給料を貰う時に領収書を書いてるという話しを第三者にしたところ、それって個人事業主扱いで確定申告しないと悪いよ?と言われました。
会社からは特にその様な説明もなく、自分自身も会社に入ってるから必要無いものと思ってました。
給与明細を見ても何かを引かれてる様子がないので、不安になりネットで調べたところ、扶養に入ってても年収次第では申告が必要などかかれてました。
この場合、会社には非がなく、知らなかったとはいえ自分個人の問題で会社に責任を問えないのですか?
今後の対策も兼ねてアドバイスを頂けると助かります。

税理士の回答

会社からは「給与明細」を頂いているとのことですが、会社とは雇用契約なのか、そうでないのかを確認することが必要です。
雇用契約であれば、会社からの収入は給与所得になりますので、本来であれば毎月の給与から所得税が源泉徴収されて、年末調整で税の精算は完了します。
万一、雇用契約でない場合には、会社からの収入は給与しょ以外の所得となりますので、場合によっては確定申告が必要になります。
まずは、会社との契約内容を確認することが先決です。雇用契約かそうでないのか。そうでない場合にはどのような契約で、それに関する契約書等はあるのか。入社の時にそれらの説明はあったのかも会社に確認された方が良いと思います。
契約内容が分かりましたら、またご投稿ください。
宜しくお願いします。

ありがとうございます。
早速確認して、また返答させて頂きます。

遅くなってすみませんm(_ _)m
紹介でそのまま入ってるから
雇用契約などはしてないとの事でした。
その他契約なども何もないとのことです。

ご連絡ありがとうございます。
会社での勤務条件が次のような状況ですと、実態としては「給与」とみなされます。
・勤務時間が決まっていて、その間は会社に拘束される。
・会社や組織の指揮命令に従って仕事をしている。
・職務上の費用は会社の負担となっている。

上記のような実態があり、会社から毎月頂いていた明細が「給与明細」ということてであれば、相談者様の収入は給与と判断されますので、会社には源泉税を徴収する義務があります。
会社がそれを怠っていたとなると、会社の「源泉徴収義務違反」が考えられます。
しかし、実態がハッキリとは分かりませんので、一度、会社の人事か経理の方とじっくりとご相談なさった方が宜しいと思います。
以上、ご参考になれば幸いです。

請求書の請求書の所を横線で消してあって、支払い明細書ってなってたんですが、その場合はどうなりますか?

現物が確認できないメールのやり取りですと、限界がありますね。
前述した3点が該当すれば会社から支給されるものは本来は「給与」となり、源泉税を徴収しなければならないものになりますが、そうなっていないとなりますと、その根拠を直接会社に確認するしかないと思われます。
宜しくお願いします。

本投稿は、2017年05月16日 16時14分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,180
直近30日 相談数
1,000
直近30日 税理士回答数
1,890