[贈与税]親から援助された開業資金 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 親から援助された開業資金

贈与税

 投稿

親から援助された開業資金

今年から個人事業主です。
インターネットで小売業をするのですが、自己資金で足りない分を親に援助してもらいます。
金額は40万円くらいになると思うのですが、贈与税のかからない金額の援助に関してどのようにしたら良いのでしょうか。

税理士の回答

贈与税の基礎控除(非課税枠)は、年間110万円です。
親御さんから贈与される金額が40万円であれば、贈与税はかかりませんので申告も不要です。

ご回答差し上げます。

今回のケースであれば、
110万円まで援助(親からの贈与)であれば、
特段確定申告等は必要ありません。

ただし、他の方からもらった金銭の合計が110万円を超えると
贈与税が発生しますのでご留意ください。

また、今回の場合履歴を残し、個人事業の口座に直接振り込んでいただければ、贈与としての履歴も残り良いかと思います。

参考までに理想の形式を記載します。
1.双方で40万円渡す贈与契約書を結ぶ。
2.その後銀行口座間で振込を行う。

以上、ご検討のほどよろしくお願いします。

小西様 西方様 
お二方ともご回答ありがとうございました。
援助金はすでに現金でいただき、開業費にあたる備品等の購入を済ませています。
特に記載等の必要がないようでしたら、このままにしておこうかと思います。

西方様のおっしゃるようにする場合には、親の口座から送金して記録を残すということでよいのでしょうか。
口座は使っていなかった自分の個人口座を使うつもりで、元入れ金として少しだけ現金を入れてあります。
そこに送金してもらうようにすればよいのでしょうか。(すぐに引き落として返すようにする)

ご回答差し上げます。
その口座に振り込み入金して頂ければ
問題ないと考えます。
よろしくお願いします。

西方様
ありがとうございました。
念のため送金してもらい、すぐに返そうと思います。

相談者様

返金するのであれば、親からの借入となります。
贈与=返済義務のないもの
となりますので
実態はどのようになりますでしょうか。

西方様
先に書きましたとおり、借り入れではなく援助ですが、すでに使っていますので返すということです。
その場合レシートなどの日付と通帳に入金された日付は違うことになりますが、それは問題になるでしょうか。

万が一税務調査が入った場合(気にしすぎかもしれませんが)、通常3年前までのことは調べられると思うのですが、開業資金について聞かれたときに「親から援助してもらいました」と答えるだけでいいのかということが気になり質問をしました。
たとえば開業に100万円かかっていたとして、全額親から援助してもらっていても、そのことが問題になるのかということです。

今回のケースですが、
親からの借入れとなります。
利息の収受が問題となりますが、
そこは一時的な援助ということで良いかと思います。

返すのであれば、贈与とはなりません。
「親から援助してもらいました」ではなく
「親から借りました」の方が通じるかと思います。
よろしくお願いします。

援助=返さないと考えるのが一般的です。
従って、親から借りましたの方が良いと思います。

返すのであれば、特段問題はありません
よろしくお願いします。

こちらの書き方が悪かったのか、すでに援助してもらっていまして、備品購入に使っています。
最初に聞きたかったことは、すでに開業に向けて使用している援助金についてなにか記帳などしなければならないのかということでした。

返すと書いたのは、すでに援助してもらった金額のほかに、口座に記録を残すためだけに入金してもらうのでしたら、そのお金は必要ないのですぐに返すという意味です。

小西様のおっしゃるとおり、税金もかからず申告の必要もないもので、特に記録を残す必要もないようでしたら、そのままにしておきます。

西方様はより良い方法を教えてくださったのだと思いますが、こちらの文面が分かりずらく、何度も書き込みをしていただくことになりもうしわけありません。

帳簿への記載は元入金で構わないと考えます。

理屈
1.相談者様の親から相談者様へ〇万円贈与した
2.相談者様は、その〇万円を元手に事業を開始した。
3.その元手のお金は、元入金とした

お金をもらった時点で、お金にイロはありません。
すなわち相談者様のものです。

私なら上記の処理で行います。
よろしくお願いします。

たとえば援助してもらった分を
借方 事業主借 400000 貸方 元入金 400000
とした場合、この金額は開業費になるのでしょうか。
自己資金もあり開業日に計上するのですが、たとえば自己資金で支出した分が30万円の場合、かかった開業費は70万円になりますが、
借方 開業費 貸方 事業主借
この金額はどのようにすればよいのでしょうか。

■援助時
借方 事業主借 400000 貸方 元入金 400000
⇒ 借方 現金

■開業費=分解してください(消耗品、交際費等の経費項目に)
開業費のままでは、資産項目となります。

よろしくお願いします。

西方様
何度も回答いただきありがとうございました。

本投稿は、2019年01月16日 15時51分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

贈与税のハウツー記事一覧

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
23,761
直近30日 相談数
1,520
直近30日 税理士回答数
2,278