税理士ドットコム - [贈与税]住宅資金贈与と暦年贈与の併用について - 住宅取得資金贈与の特例と暦年贈与は併用できます...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 住宅資金贈与と暦年贈与の併用について

住宅資金贈与と暦年贈与の併用について

今年、4660万の新築戸建住宅の購入のため、妻の両親から1300万円の支援を受けることになりました。
今月ローン契約と決済を予定していて、
支援金はすでに妻の口座に1300万円を振り込んでもらっているのですが、

そのうち
100万を暦年贈与として受け取り、住宅購入に関わる諸費用(登記費用、ローン手数料、仲介手数料)に充てて
1200万を住宅購入のためのローンの頭金として支払うということにしたいと思っていますが、このような使い分けは可能なのでしょうか?

また可能な場合、来年の確定申告は必要なのでしょうか?

ローンは連帯債務となっていて、
住宅の持分割合は夫65%、妻の35%としています。

よろしくお願い致します。

税理士の回答

住宅取得資金贈与の特例と暦年贈与は併用できますので、ご質問のような形は可能です。
暦年贈与は基礎控除110万円以下ですので申告は不要ですが、住宅取得資金贈与は期限内申告が要件ですので、来年3月16日までに贈与税の確定申告が必要です。

奥様の持分が35%であれば4,660万円×35%=1,631万円ですので、奥様の返済負担負担割合は1,631万円-1,200万円=431万円になると思います。

早速ご回答いただきありがとうございます。
住宅取得資金贈与(1200万円)については申告が必要ということで
準備をしておきたいと思います。

本投稿は、2019年12月07日 19時53分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

贈与税に関する相談一覧

分野

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
50,745
直近30日 相談数
1,398
直近30日 税理士回答数
2,482