相続税の時効に関して - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3.  相続税の時効に関して

 相続税の時効に関して

 23年前に父が亡くなったときに申告をして相続税を払いました。
最近になり、父が預金をした私名義の口座があると母から告げられました。

1800万ほどありましたが、父が毎年100万円の贈与を繰り返したものであり、非課税なので、申告の際の相続財産には加えていないということでした。

他人名義の口座なので、贈与とは認められず、当時申告する必要があったと思いますが、今になって申告をして、相続税と追徴金を払わなければいけないのでしょうか?

税理士の回答

相続開始の日から10か月が相続税の確定申告の申告期限です。
その申告期限から5年間が更正・期間です。
更正・決定期間を経過した場合、「通常の」申告もれについては修正申告をする必要はありません。
(注)隠ぺい行為があった場合は除きます。

現時点で相続が開始日(=お亡くなりになった日)から5年10か月を経過しているでしょうか。

亡くなってから20年経過しています。

不動産を購入した際などに税務調査を受け、追徴課税を負わされるということはないでしょうか?

税務署には20年前の贈与について課税する手段がありません。
それが「更正・決定期間」と法定化されているものです。

藤本先生
明瞭なご返信ありがとうございます。安心しました。

本投稿は、2018年03月25日 08時34分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

相続税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,270
直近30日 相談数
1,157
直近30日 税理士回答数
2,279