[相続税]相続時精算課税について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続時精算課税について

相続時精算課税について

相続時精算課税を利用して不動産の名義変更をします。
特別控除額の2500万円以内で収まります。
贈与者が死亡したときに相続税を清算する事になると思いますが、
死亡時に相続するものは無しで、遺言書もなく、法定相続人は自分を含め二人です。
この場合、相続時の基礎控除額が4200万円になるかと思いますが
そうすると、相続税はかからない。(0円)と言う考え方で間違いないでしょうか?

税理士の回答

 相続時の財産に相続時精算課税で受けた財産を加えた金額が、相続税の基礎控除4200万円未満ならば、相続税はかかりません。

本投稿は、2019年07月12日 12時49分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

相続税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
33,670
直近30日 相談数
1,561
直近30日 税理士回答数
2,661