税理士ドットコム - [年末調整]転居した場合の源泉徴収票、扶養控除等申告書の住所に関して - 2017年にA市からB市に住所変更をし勤務先に間違い...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 年末調整
  4. 転居した場合の源泉徴収票、扶養控除等申告書の住所に関して

年末調整

 投稿

転居した場合の源泉徴収票、扶養控除等申告書の住所に関して

2017年の5月頃A市からB市へ引っ越し、2018年7月現在もB市に住んでます。
会社には引っ越した時点で新住所を報告済みです。会計事務所の担当者にも同時期に報告済みでした。
年末調整に関する書類等の住所欄に関しての私の認識としては、
2017年の年末調整の場合、
源泉徴収票→発行時点で会社に報告されてる住所が記載される(B市の住所)
扶養控除等申告書→2018年1月1日の時点での住所を記入(B市の住所)
給与支払報告書→2018年1月1日の住所に市区町村に提出
だと思ってました。
しかし実際は、源泉徴収票はA市の住所が記載され、給与支払報告書もA市に提出されてました。
A市からB市に書類は転送されて住民税(普通徴収)の手続きはすすんでるので大きな問題ではないのですが、今まで間違った認識だったのかと気になりました。

インターネットで調べてみると微妙に異なる事が書かれており気になったのは下記2点で、

「扶養控除申告書とセットになっている源泉徴収票の住所は、同年1月1日時点のものになっているはずです。 この両者の整合性が取れなくなるのを防ぐために、住所は1月1日時点のものを記入する必要があるのです。新しい住所を書くのは翌年から」


Q&Aのサイト内
「2017年の年末調整は2017年の扶養控除等申告書の提出を持って行うが、変更があった時点でその住所は書き換えられているべきところ、2017年は書き換えられず、2018年では新住所になっており、2017年の旧情報にてA市に送った。」

実は、扶養控除等申告書は必要書類等を全てお渡しして会計事務所の担当の方に私の分はお任せしてしまってます。なのでどの住所を記載されてるか把握してません。

私の認識が誤りなのか、何か理由があって旧住所のままでA市に書類が送付されたのか、単なる誤りか分かればありがたいです。


税理士の回答

2017年にA市からB市に住所変更をし勤務先に間違いなく書類等を提出しているのであれば、
2017年の源泉徴収票の住所はB市の住所になります。
又は、勤務先は、2018年1月1日にお住まいの市町村に給与支払報告書を提出します。
勤務先の間違いですね。

早々にご回答いただきありがとうございます。
転送の為手続きが遅れたせいで普通徴収の第1期分が間に合わず第2期~4期までの3回に分けての支払いになりました。この状況はやはり「通常」ではないよな、と思い、大きな問題ではないのですが自分が間違ってるのかと不安になりモヤモヤしてました。
大変助かりました。ありがとうございました。

本投稿は、2018年07月12日 15時00分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

累計 相談数
15,041
直近30日 相談数
726
直近30日 税理士回答数
2,183

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら