[計上]個人事業主の住民税について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 計上
  4. 個人事業主の住民税について

計上

 投稿

個人事業主の住民税について

不動産所得がある個人事業主(白色申告)の初心者です。
先日 自治体より住民税の納付書が届きました。
早速1年分まとめて納付したのですが、この納付した税額は2018年1月からつけている、平成30年の確定申告用の帳簿に「租税公課」として計上するのでしょうか?
昨年同様、本年も白色申告です。

ご教示よろしくお願いします。

税理士の回答

こんにちは。

住民税は経費になりませんので、「租税公課」に計上することはできません。

なお余談ですが、白色申告の場合も簡単な記帳義務があり、青色申告の簡易帳簿と大差ありませんので、税金上の特典(最低10万円の特別控除など)を受けるためにも、来年からは青色申告にすることをお勧めします。

記帳するのであれば、租税公課ではなく、事業主勘定で計上することになります。

住民税は経費になりません。

関田先生へ

ご回答ありがとうございます。
青色申告をおすすめいただいた件ですが、
所有の不動産は戸建て3戸のみです。
このような戸数でも青色で申告できますか?

よろしくお願いします。

青色申告は可能です。

事業的規模(戸建ての場合は5棟以上)には該当しませんので青色申告特別控除額は10万円になります。

その他にも、30万円未満の資産を購入した場合(たとえば給湯器やエアコンの交換など)に全額をその年度の経費にできるなどの特典があります。

関田先生へ

大変わかりやすいご回答誠にありがとうございました!


澤田先生もご回答ありがとうございました!

本投稿は、2018年06月20日 09時44分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

計上のハウツー記事一覧

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
23,664
直近30日 相談数
1,547
直近30日 税理士回答数
2,304