税理士ドットコム - [減価償却]使用期限のあるソフトウェアの耐用年数について - 耐用年数の短縮という制度はありますが、ライセン...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 減価償却
  4. 使用期限のあるソフトウェアの耐用年数について

使用期限のあるソフトウェアの耐用年数について

製造業の経理をやっています。
この度、設計で使用するソフトウェアを購入することになりました。
このソフトウェアは3年でライセンスが終了し使用できなくなります。
こうした場合でも、耐用年数は5年が適用されるのでしょうか。
3年で償却することはできないのでしょうか。

税理士の回答

耐用年数の短縮という制度はありますが、ライセンス期間を理由に承認されるのは難しいと考えます。
耐用年数5年で償却し、ライセンス終了時に除却という処理になると考えます。

なお、投資促進税制の要件を満たせば税額控除が受けられます。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5433.htm

やはり難しいですね。
ご丁寧にありがとうございました。

本投稿は、2019年04月15日 17時30分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

減価償却に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,737
直近30日 相談数
1,184
直近30日 税理士回答数
2,382