税理士ドットコム - [経理・決算]法人における決算翌月の不動産賃貸料収入の計上と仕訳について - 東京都中央区の税理士法人石川小林 小林拓未と申し...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 法人における決算翌月の不動産賃貸料収入の計上と仕訳について

経理・決算

 投稿

法人における決算翌月の不動産賃貸料収入の計上と仕訳について

当社は不動産賃貸業主体の株式会社で、去る9月に第1期を終えました。

入居者との契約では、当月(10月)分の賃貸料を前月(9月)末日までに支払うこととしていますが、実際は管理会社を経由して当月(10月)に振り込まれます。

法人税基本通達2-1-29を見ると、10月分の賃貸料は「前受けに係る額」として翌期(第2期)の益金に算入すると読めますので、この10月分の計上と仕訳についてお聞きしたいと思っております。

会社への10月分賃貸料の入金が契約どおり9月末にあれば、(借)普通預金(貸)前受収益の仕訳で分かりやすいですが、管理会社経由で10月に入ってからの入金なので、混乱しています。

上記の場合の仕訳について、教えていただけるとありがたく存じます。

■案の1 ※未収収益と前受収益を同時に計上するのはおかしい?
決算整理仕訳 :(借)未収賃貸料100万円 (貸)前受賃貸料100万円
期首再振替仕訳:(借)前受賃貸料100万円 (貸)未収賃貸料100万円
10月入金時 :(借)普通預金 100万円 (貸)不動産賃貸料100万円

■案の2 ※そもそも前受収益の計上は不要?
決算整理仕訳 :仕訳なし
期首再振替仕訳:仕訳なし
10月入金時 :(借)普通預金100万円 (貸)不動産賃貸料100万円

税理士の回答

東京都中央区の税理士法人石川小林 小林拓未と申します。

10月分の賃貸料が10月に入金されるのであれば、9月決算の会社にとって、仕訳は必要ありません。

したがって、ご質問中の、案の2、の処理を行って下さい。

以上よろしくお願い致します。

この度は、早速ご回答をいただきまして、ありがとうございました。
これで安心して法人税申告書の作成に取り組むことができます。
大変助かりました!

本投稿は、2017年10月11日 15時30分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

累計 相談数
12,712
直近30日 相談数
644
直近30日 税理士回答数
1,315

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら

税理士ドットコム トピックス

  • 新着記事
  • ランキング

税理士ドットコム ハウツー

  • 新着記事
  • ランキング