税理士ドットコム - [経理・決算]「事業主貸」と「事業主借」で混乱しています。 - うまく説明できるかどうかわかりませんが、まず、...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 「事業主貸」と「事業主借」で混乱しています。

「事業主貸」と「事業主借」で混乱しています。

一人親方です。
税務署の説明では「青色でも65万控除ではなく10万円控除のほうなら、白色と変わらない帳簿で構わないですよ」と言われたので、それで控除を受けられるなら・・・と思い、32年申告分(31年の売上・経費)からは、青色(簡易・10万円控除)を適用する旨の申請をしました。
今までは白色だったので、仕事に関することについてのみ、
「いつ・どこに・何の目的(科目)で・いくら出費したか」
「いつ・どこへ・いくら請求したか」
だけを記録していました。(振込口座も財布も事業用と個人用の区別をしていませんし、分けることは困難です)

税務署の人は「[事業主借]と[事業主貸]を使って処理すれば、家計用と事業用のお金を明確に分けられなくても大丈夫ですよ。」と親切に教えてくれましたが、そもそも、それ(事借・事貸)自体が何だかよくわからず混乱しています。
・事業から家計に貸した=事業主貸
・事業が家計から借りた=事業主借
という理解で間違っていませんか?
例えば、消耗品を購入したら、今までは
消耗品費/現金◎◎円
と記録していたものを、
消耗品費/事業主借◎◎円
(事業主から借りて支払った)とすればいいのでしょうか?
売上も同様に、
事業主貸/売上◎◎円
(事業主に売上金を貸した)とすればいいのでしょうか?
それとも、
普通預金/売上◎◎円
事業主貸/普通預金◎◎円
のように、普通預金に売上が入り、そこから事業主に貸した。と記録しないといけませんか?
現金で受け取った場合は
現金/売上◎◎円
事業主貸/現金◎◎円
のように、現金で売上が入り、それを事業主に貸した。という処理がいるのでしょうか?
しっかり理解しようと考えれば考えるほど、訳がわからなくなっています。
なるべくシンプルに教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

税理士の回答

うまく説明できるかどうかわかりませんが、

まず、事業のお金と生活に使うお金は区別する必要があります。
例えば、事業の現金は生活費とは別の財布や金庫に入れるとか、事業に使う銀行口座は別に作るとかをイメージしていただければ結構です。
ただ、いずれもご自身のお金であるので、生活費を事業用の現金や口座から払う、事業の経費を生活に使う現金や口座から払うこともあります。
その際に、事業主借、事業主貸という勘定を使ってそのような取引を記録します。

売上を例にとって具体的に説明いたします。
例えば、事業用口座を持っているとして売上がそこに振り込まれたとします。
普通預金 xxx / 売上 xxx
しかし、間違って、生活用の口座に振り込まれた場合は
事業主貸 xxx / 売上 xxx
として、事業用の口座に振り込まれなかったけども売上が振り込まれた
ことをこうやって記録します。

また、消耗品を事業用のお金で買った場合、
消耗品費 xxx / 現金 xxx
となりますが、これを生活用のお金で買った場合、
消耗品費 xxx / 事業主借 xxx
と書いて、事業用のお金を使わずに買ったことを記録します。

ご参考になれば幸いです。

税理士ドットコム退会済み税理士

事業主借、事業主貸も単に借方(左側)、貸方(右側)で月の残高がマイナスにならないように使っていたりするだけです。

見た目が気にならなければ、期末12月末時点で残高が借方、貸方のいずれになるかを見て、併せてしまえば良いでしょうか。

案① 事業主借 だけを期中から利用する。
   期末においてマイナス残になっても税額には影響しない為そのまま。
案② 事業主貸 だけを利用する。
案③ 事業主借、貸を利用する。
   そのままの残高とする。
   これでも可。
案④ 事業主は混乱するので利用しない。
   借入金
   立替金
   といった科目で整理する。

いずれにせよ、所得、税金にはまったく影響ありません。
ストレスが無い方法を採用されても宜しいのかと存じます。

お二人の先生、どうもありがとうございました。
売上が入る口座はプライベート兼事業用なので、どうにも困っています。
分けた方がよいのは100も承知ですが、明確にどちらかに振り分けられないものもあるので、いままでどおり兼用で行きたいのです。
売上入金⇒引き落とし分を除いて、ほぼ全額引き出す⇒引き出した中から生活費や経費をやり繰りする
というスタイルが性に合っていてやりやすいので、事借・事貸がきちんと理解できれば、一番いいと思って質問させて頂きました。
中川先生の示して下さった例が分かりやすかったので、ベストアンサーとさせていただきます。

本投稿は、2018年05月30日 10時44分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

経理・決算に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,233
直近30日 相談数
1,221
直近30日 税理士回答数
2,124