自治会の役員手当に対する所得税 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 所得税
  4. 自治会の役員手当に対する所得税

自治会の役員手当に対する所得税

自治会(地縁団体)の役員手当に対し、税務署より所得税の支払い請求がありました。一旦は支払いをしましたが、納得がいなかなったため、税務署に問い合わせたところ納税免除となり、支払った税金についても返金するとのことでした。
実際にところ、こういったケースでは所得税の納付が必要になりますか?
また、他の自治会からの問い合わせに対し、うちの自治会は免除になりましたと
教えているうちに、やっぱり課税なんてことにならないのでしょうか?

税理士の回答

自治会(地縁団体)の役員手当は、給与所得に該当すると考えます。「旅費規程等、旅費手当等になる場合を除きます。」
給与収入は、源泉徴収の対象になります。源泉徴収税に免税はありません。

本投稿は、2018年08月30日 18時53分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

所得税に関する相談一覧

分野

所得税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
89,364
直近30日 相談数
1,406
直近30日 税理士回答数
2,587