小規模事業者の預かり消費税の行方について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 消費税
  4. 小規模事業者の預かり消費税の行方について

小規模事業者の預かり消費税の行方について

小規模事業者でも消費税は載せることができる。しかし消費税の確定申告はできない。となると預かった消費税はどうなりますか。

税理士の回答

髙木誠

免税事業者の場合は消費税が名前のとおり免除になります。預かっていた消費税は収入として計上しいたします。

売上の金額に含めて処理しますので、その年度の利益に反映されます。
従って、個人事業であれば所得税住民税の、法人であれば法人税等の課税対象となります。なお、赤字であれば税金の対象にもなりません。

本投稿は、2018年04月28日 10時09分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

消費税に関する相談一覧

分野

消費税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
52,149
直近30日 相談数
1,485
直近30日 税理士回答数
2,541