請求書の消費税表示について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 消費税
  4. 請求書の消費税表示について

請求書の消費税表示について

消費税に関して請求書の表示について教えてください。


部品メーカーA社の請求書は、出荷伝票単位で消費税を四捨五入してその合計額をトータルの消費税としています。

具体的には次のようになります。取引は事業者間同士の取引となります。

請求金額合計本体1599円消費税128円


(内訳)

A伝票出荷額本体999円消費税80円

B伝票出荷額本体250円消費税20円

C伝票出荷額本体350円消費税28円


ここで質問です。

・請求書合計欄は本体と消費税に区分して表示しますが、内訳も区分して表示しなければならないのでしょうか?

例えば次のような表示はまずいでしょうか?

(内訳)

A伝票1,079円

B伝票270円

C伝票378円

・請求書合計欄を「1,727円(税込)」という記載にして、内訳もすべて税込表示にするのはまずいでしょうか?


請求金額合計1,727円(税込)

(内訳)

A伝票1,079円

B伝票270円

C伝票378円


以上宜しくお願いします。

※過去に弊社サービスにお問合せ頂いた質問を転載しています

税理士の回答

税理士の及川と申します。よろしくお願いいたします。

請求書の消費税に関する表示の仕方のポイントは、原則として、「消費税込の支払総額がわかること」です。その観点からするとご質問のケースは問題はありません。税込の金額であることを明示していれば本体価格と消費税の内訳はなくても構いません。

本投稿は、2014年07月30日 16時17分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

消費税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,698
直近30日 相談数
1,200
直近30日 税理士回答数
2,414