税理士ドットコム - ロイヤリティにかかる消費税増税時の税率について - ロイヤリティの支払は貴社にとって課税仕入れに該...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 消費税
  4. ロイヤリティにかかる消費税増税時の税率について

消費税

 投稿

ロイヤリティにかかる消費税増税時の税率について

一般事業会社で経理をしております。

私共の会社は親会社のブランド名を使用して営業活動をしており、年間のブランド使用料(ロイヤリティ)を毎年契約にて親会社と取り決め、契約に定められた金額を翌年に支払しております。
ご質問の本題となりますが、
2019年1月1日付で2019年の1年分のロイヤリティ(課税対象)の金額を定めておりますが、10月には増税を控えております。

2018年9月までは8%、10月~12月は10%の税率を適用し、支払をする必要がありますでしょうか。

消費税増税前の契約になりますので軽減税率の適用で8%とすることはできるのでしょうか。根拠法(消費税法)などもございましたら、教えていただけますでしょうか。

何卒よろしくお願い致します。

税理士の回答

ロイヤリティの支払は貴社にとって課税仕入れに該当すると思いますが、原則として2019年1~9月分は8%で、2019年10~12月分は10%で仕入税額控除の計算を行います。これは前回の増税時と同じです。
根拠法令は消費税法基本通達11-3-1(課税仕入れを行った日の意義)となります。
但し、法人税の申告においてロイヤリティを短期前払費用の特例により支出した日の属する事業年度に一括して損金に算入している場合は、消費税も支出した日の属する課税期間(課税期間の短縮をしていない場合は事業年度と同じ)の課税仕入れとなりますので全額が8%となります。
根拠法令は消費税法基本通達11-3-8(短期前払費用)となります。

早々にご回答くださいまして、誠に有難うございました。大変勉強になりました。

本投稿は、2019年01月16日 20時16分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

  • 消費税軽減税率制度について

    お世話になっております。 本日、税務署より消費税軽減税率制度実施についての説明用紙が届いたのですがよくわからないので教えて下さい。 青色申告の1人親方で個人...
    税理士回答数:  2
    2018年05月25日 投稿
  • 贈与税の軽減税率について

    20歳以上の直系卑属については税率が軽減されていると聞きました。 私が妻の父から贈与を受ける場合は、直径になるのでしょうか? ならない場合は、妻の父...
    税理士回答数:  5
    2018年07月13日 投稿
  • 消費税増税

    ホームページの会社で保守料を4月~3月まで1年契約1年後に入金になるのですが、 31年4月から1年分契約の消費税は10%になってしまうでしょうか。ちなみに月額...
    税理士回答数:  3
    2018年10月19日 投稿
  • 廃業してるのに消費税の軽減税率制度のお知らせ。

    2017年末で廃業しました。 ですが今年の夏頃に国税庁から消費税の軽減税率制度についてのお知らせの封筒が届きました。その時は特に気にせず、去年末に廃業したから...
    税理士回答数:  1
    2018年10月12日 投稿
  • 消費税増税にともなう還付手続きについて

    消費税増税にともなう還付の質問です。 例:毎月のメンテナンス料を1年分一括で保守窓口会社に支払しました(消費税5%)。消費税が8%に増税されたことにより、消費...
    税理士回答数:  1
    2016年05月18日 投稿

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
22,294
直近30日 相談数
1,354
直近30日 税理士回答数
2,026