税理士ドットコム - [会社設立]自宅の一部を会社事務所として使用する場合の賃貸契約について - 家賃計上基準としてきちんと算定されており妥当で...
  1. 税理士ドットコム
  2. 会社設立
  3. 自宅の一部を会社事務所として使用する場合の賃貸契約について

自宅の一部を会社事務所として使用する場合の賃貸契約について

個人事業主から7月に法人化を予定しております。
今後、自宅の一部を事務所として使用するため、法人と個人で賃貸契約を結びます。
賃貸料については、地域相場を加味し事務所として使用するスペースの面積按分で金額を決定しました。
この他に、マンションの管理費や修繕積立費、マンションで架設しているインターネット料金も面積按分の係数で計算し、賃貸料に含めるのことは税務調査で問題となりますでしょうか。
あるいは法人の会計として、上記の適正な処理がありましたらご教授願います。

税理士の回答

家賃計上基準としてきちんと算定されており妥当です。
他の経費に関しても特に問題となることはないでしょう。
個人の方で不動産所得の申告を忘れないようお気を付けください。

本投稿は、2019年06月17日 18時57分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

会社設立に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
33,847
直近30日 相談数
1,608
直近30日 税理士回答数
2,743