配偶者控除を受けられない場合の働き方 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 配偶者控除を受けられない場合の働き方

配偶者控除を受けられない場合の働き方

主人の年収が給与収入のみで1220万円を超えますので今年から配偶者控除を受けることができません。
今までは103万円を超えないようにパート勤務しておりました。今年も超えないのですが、配偶者控除を受けれないのな来年度からもう少し頑張って働こうかと考えています。その場合給与収入でいくらを目安に働けばいいのでしょうか?社会保険の扶養から外れる130万円でしょうか?

税理士の回答

社会保険の被扶養者となるためには年間の収入見込みが130万円未満(被扶養者の年齢が59歳以下の場合)であることが必要です。
この金額を超えてしまうと被扶養者から外れてしまい、御自身で健康保険等に加入する必要が生じますので、手取り金額を考えた場合には130万円未満が一つの目安になると思います。

本投稿は、2018年11月08日 14時38分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
32,134
直近30日 相談数
1,249
直近30日 税理士回答数
2,121