税理士ドットコム - [配偶者控除]妻が相続した不動産を名義変更後に売却、所得を年末調整に申告しなければならないか? - ご質問について、まず、奥様のお父様が死亡して奥...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 妻が相続した不動産を名義変更後に売却、所得を年末調整に申告しなければならないか?

妻が相続した不動産を名義変更後に売却、所得を年末調整に申告しなければならないか?

義父が他界し、妻が不動産を相続し、名義変更後に売却で得た一時的所得があります。会社での年末調整申告の際に、配偶者控除は受けられないので扶養を外すようにいわれました。相続財産は申告しなくてもよいと言う話も聴くのですが、扶養を外さないといけないのでしょうか?確定申告は来年3月に行います。

税理士の回答

 ご質問について、まず、奥様のお父様が死亡して奥様が不動産を取得したとのこと、相続の場合相続財産から債務等を控除し、その価額が基礎控除(3000万円+法定相続人の数×600万円)超える場合は死亡の日の翌日から10月以内に申告等が必要です。また、相続した財産を売却して利益(譲渡所得)が発生した場合翌年の確定申告の時期に申告等が必要となります。相続税・譲渡所得の申告の計算及び手続については、国税庁のホ-ムぺージ等をご覧下さい。また、配偶者控除については、合計所得(土地などの譲渡については特別控除前の金額)が38万円以下、配偶者特別控除については合計所得38万円超123万円以下の場合受けることができます。ただこの金額を超えている場合は扶養から外れます。

本投稿は、2018年11月16日 13時50分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,267
直近30日 相談数
1,228
直近30日 税理士回答数
2,148