[配偶者控除]土地収入がある場合の扶養 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 土地収入がある場合の扶養

土地収入がある場合の扶養

土地収入が年約40万あります。
今年から住民税の支払いが発生しました。
保健や年金等は扶養範囲内にしたいのですが
この場合給与はいくら位なら範囲内でいけるのでしょうか?
教えて欲しいです。
宜しくお願いします。

税理士の回答

有難うございます。
住民税等の配偶者特別控除範囲内におさめたい場合は給与収入はいくらまでに抑えたらいいでしょうか?

配偶者特別控除の適用を受けるためには、控除を受ける納税者本人のその年における合計所得金額が1,000万円以下(給与収入の場合には1220万円以下)であり、配偶者の年間の合計所得金額が38万円超123万円以下(給与収入の場合には103万円超150万円以下)であることが必要です。
下記サイトを御参照ください。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1195.htm

前述の回答は配偶者が給与収入のみを前提とした内容になっていたことと、金額に一部誤りがありましので、以下の通り、修正させていただきます。御容赦ください。

配偶者特別控除の適用を受けるためには、控除を受ける納税者本人のその年における合計所得金額が1,000万円以下(給与収入の場合には1220万円以下)であり、配偶者の年間の合計所得金額が38万円超123万円以下であることが必要です。
これは、配偶者の方の所得が給与所得のみの場合には「給与収入の金額が103万円超約201.6万円未満」となりますが、他に不動産収入もある方の場合には、
「(不動産収入-不動産に係る必要経費)+給与収入の金額」が103万円超201.6万円未満となることが必要と考えます。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1195.htm

本投稿は、2018年11月17日 07時16分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,642
直近30日 相談数
1,207
直近30日 税理士回答数
2,459