税理士ドットコム - 高額医療費控除の年度変わり及び家族複数利用の場合の節税について - 医療費控除の節税効果は、「所得金額」が高い人で...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 医療費控除
  4. 高額医療費控除の年度変わり及び家族複数利用の場合の節税について

高額医療費控除の年度変わり及び家族複数利用の場合の節税について

こんにちは。
高額医療費控除について下の件がわからないため、節税対策についてご教示ください。よろしくおねがいいたします。

相談内容は
下の歯の治療を予定していますが
節税対策についてご教示ください。

1.高額医療費控除を受ける場合で治療費は納税額が大きい方がいいと思いますが
家族複数の場合はどうしたらよいか、
また会社員の方がよいか個人事業主が良いのか

2.また、月額と年間で一括で支払い方により
節税額が変わるか?

3.下の費用で歯科矯正は治療期間が長く
来年になった場合と今年で終了して
支払った場合の違い

4.保険適用になった場合でも考え方は同じか。

以上よろしくおねがいいたします。



治療内容
・妻が奥歯の歯の歯根治療を保険を使わないで治療予定。費用は30万予定
・子供20歳が歯科矯正をする予定
費用は80万予定

プロフィール
・私 サラリーマン(年収税込670万)
・妻 個人事業主(今年度売上800万予定)
・子供 学生



税理士の回答

医療費控除の節税効果は、「所得金額」が高い人で適用する方が大きくなります。
奥様の場合、年収は800万円とのことですが必要経費を差し引いた事業所得の金額がいくらになるかを確認する必要があります。

また、医療費控除は支払った年の控除となりますので、月払いでも年払いでも、その年に支払う金額が同額であれば違いはありません。
そして、できれば年をまたいだ支払いをしない方が望ましいと考えます。
支払い総額は同じでも年をまたいでしまいますと、別々の年の控除の対象となり、それぞれから10万円を差し引いた金額が医療費控除の金額となってしまいます。

なお、保険適用の場合には支払う医療費が減りますので、医療費控除の金額も結果的に減ります。

本投稿は、2019年08月13日 16時05分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

  • 歯科矯正の医療費控除について

    2018年から歯科矯正を始め現在も月に一度通院しています。治療に2年半程度かかる予定のため、矯正の装置費用は6月と12月に25万円ずつ、2年かけて支払う契約をし...
    税理士回答数:  1
    2019年03月05日 投稿
  • 矯正歯科の医療費控除について

    子供の歯並びの矯正を始めようといくつかの矯正歯科で検査をしました。 治療をはじめましたが、治療をはじめなかった矯正歯科の検査費も、医療費控除の対象になりますか...
    税理士回答数:  1
    2019年02月13日 投稿
  • 歯列矯正の医療費控除

    一昨年度歯列矯正をし、その他の家族の医療費と合わせ、90万くらいになり、医療費控除の申請をしました。 歯列矯正費は70万です。 しかし、控除額が、2万円あり...
    税理士回答数:  3
    2019年06月14日 投稿
  • 歯科治療と高額療養費の関係

    高額療養費還付について。 通院中の歯科で治療していますが、今後かかる治療費が高額になってしまうため(その歯医者は保険適用のものは扱っていないとのことで)1ヶ月...
    税理士回答数:  1
    2017年07月19日 投稿
  • 歯列矯正の医療費控除の件で

    先日テレビで歯列矯正も医療費控除の対象と税理士さんが話していらっしゃいました。 社会人の娘が現在、歯の矯正?中なんですが、その方法が美容外科で、歯並びの悪い部...
    税理士回答数:  2
    2018年02月05日 投稿

医療費控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
35,234
直近30日 相談数
1,734
直近30日 税理士回答数
3,036