税理士ドットコム - [確定申告]駐車場収入に対する税金について - ご回答差し上げます。確定申告は必要となります。...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 駐車場収入に対する税金について

駐車場収入に対する税金について

自宅の空きスペースにコンクリート舗装及びフェンス、車止めをつけ2台貸しております。年間約40万の収入があります。貸出駐車場の部分の土地は申告しており、居住区の軽減税率とは区別し支払っております。税金に関しては少額と思い2年間払っておりません。人に確認するとそれは脱税だと言われ、今年は昨年分の申告を行う予定です。そこで、一昨年分に関しても申告しなければいけないのでしょうか?また、年間40万円の駐車場収入の場合、税率はどの程度なのでしょうか?
よろしくお願いします。

税理士の回答

ご回答差し上げます。

確定申告は必要となります。
しかし以下の理由により、
確定申告をしても税金は発生しないものと思慮します。

他に収入がなければ(該当あっても年金は控除内の場合)
基本的には
駐車場収入 +40万円
固定資産税  △数万円
他諸経費   △数万円
=38万円以下(基礎控除38万円の範囲内)

この事例に当てはまっているものと考えます。

原則として確定申告は必要ですが、
税金自体は他の収入がないのであれば
発生はしません。

ご検討のほどよろしくお願いします。

所得税は、5%からの累進税率となります。
住民税は、10%の定率税となります。
不動産所得は、収入―必要経費=不動産所得の金額となります。
固定資産税は、面積割合で、必要経費になります。

早速の回答ありがとうございます。
とてもわかりやすく私にも理解することができました。
一国民として税に対する意識をしっかり持ちたいと思います。
懇切丁寧にありがとうございました。

何か疑問点などあれば
追加でご質問ください。
よろしくお願いします。

基礎控除38万円ですが、給与所得がある場合も適用されるのでしょうか?

給与所得からは給与所得控除が65万円は最低限発生します。

給与65万円
他の所得38万円以内

であれば、課税関係は生じません。

よろしくお願いします。

ご返答ありがとうございます。
税務署に確認したところ、
①駐車場収入 384,000円(税込)
②固定資産税 ▲76,000円
③減価償却費 ▲30,000円
【※減価償却内訳 ⇒ 450,000円コンクリート打設・車止め・ブロック塀・フェンス耐用年数15年】
①+②+③=278,000円
で、会社からの給与収入を聞かれたので、1,100万円(年収)と答えたところ・・・。
「その場合、所得控除が約3割になりますので・・・」と言われ
「納税金額は、278,000円×約30%=83,400円程度になります。」と言われました。
また、その他為替収入が370,000円あります。
何度もすみませんが、よろしくお願いします。

ご回答差し上げます。

その事例ですが、
給与所得が相当程度ありますので、
約30%の税金がかかります(+10%住民税)
為替についても雑所得となります。

大変恐縮ではございますが、
給与所得が多額であるため仕方ないとしか言えません。
よろしくお願いします。

今回駐車場の所得を相殺することもできるので
今年より節税対策に
イデコに加入することを検討してください。
よろしくお願いします。

本投稿は、2019年01月16日 16時40分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
28,774
直近30日 相談数
1,199
直近30日 税理士回答数
2,439