確定申告後の訂正につきまして - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 確定申告後の訂正につきまして

確定申告後の訂正につきまして

先日期限内に確定申告を済ませましたが、4月になってクライアントから支払い調書が間違っていたので再発行した、と連絡が。支払い調書の金額が実際は5万円ほど少ない、つまり確定申告時に支払い調書も添付して提出したものは5万円ほど実際より多い金額で計算してしまっています。
この場合、どう対応したらよいのでしょうか?
もう一度確定申告をやり直すにしてましても、他のクライアントからの支払い調書はすべてすでに添付して提出してしまっており、新たに添付することは不可能です。

どうぞお教えいただければと思います。

税理士の回答

確定申告書を提出した後に申告税額の変動が生じた場合、それが申告期限前であれば訂正申告になりますが、申告期限後になりますと修正申告または更正の請求という手続きになります。ご相談のケースは申告期限後で、かつ税金が減少することになりますのて、更正の請求という手続きになります。
この場合には、金額が誤っていた支払調書の訂正後のものを提出すれば大丈夫です。更正の請求書の用紙には修正になった理由を記載する欄がありますので、そこに支払調書の金額に誤りがあった旨を記入して正しい税額計算を行い、納めすぎになっていた税額を還付請求することになります。
金額に変更のない他の支払調書等は再提出する必要はありません。
宜しくお願いします。

迅速にご対応ありがとうございます。
更正、という手続きで納め過ぎた税金を取り戻す請求を行う、ということ、理解いたしました
その手続きには期限がございますか?また万が一、期限内に手続きを行えなかった場合、どのような罰則があるのでしょうか?お教え願えればと存じます。

再び失礼します。
提出した申告書の金額が、実際よりも5万円多かったため、今、ざっと計算すると還付金の方が、単純に実際よりも5万円多い、ということになっているようです。この場合は、取り戻すのではなく、返さないといけないので、事を急ぐかと存じます。修正申告、でよろしかったでしょうか?こちらは通常の確定申告のような郵送ではなく、実際に税務署に出向いて、の手続きになるのでしょうか?

間違えました。源泉10パーセントなので、5万円ではなく、5千円でしょうか。失礼いたしました。

ご連絡ありがとうございます。
税金を納め過ぎていた時の更正の請求の期限は、法定申告期限から5年間です。
期限内に手続きが行えなかった場合には納め過ぎた税金の還付が認められないだけで、特に罰則があるわけではありません。
報酬の源泉税は10%ですので、恐らく源泉税の金額は5千円かと思われます。
宜しくお願いします。

本当に何度も失礼しております。全部再計算したところ、たしかに税金を払いすぎている状態で、還付金が多い、というわけではございませんでした。たびたび失礼しております。

ご返信ありがとうございます。

理解できました。再度計算したところ、還付金が増えたのではなく、減っていたので、やはり税金の払い過ぎ、つまり更生手続きと理解できました。期限もお伝えいただきありがとうございます。助かりました。

本投稿は、2016年04月04日 19時19分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
29,704
直近30日 相談数
1,055
直近30日 税理士回答数
2,098