美容師の確定申告について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 美容師の確定申告について

美容師の確定申告について

業務委託で美容師をしています!
夏までは業務委託のサロンで働いて、夏以降は仕事を休業している状態です。

夏までの分の確定申告するつもりなのですが、
夏以降に出た経費は一緒に計上してしまっても大丈夫なのでしょうか?
その場合、赤字としてだしてしまうのか、

それとも収入がある期間分のみの経費しか計上できないのでしょうか?

初めての確定申告で戸惑っています。。
白色で出す予定です。

皆さまお忙しいかと思いますが、
ご回答よろしくお願いします。。

税理士の回答

お尋ねの内容では十分な回答ができかねますので、次の点を確認させてください。
①今後業務委託の美容業を再開するのか、やめてしまうのか。
②休業中の経費の内容

回答していただきありがとうございます!
年明けからまた業務委託で働きます!

経費の内容は家にいる時は集客の作業などもしていたので、家賃や通信費、光熱費など、
講習会に参加した時は車で行ってたので車にかかる経費などです。
その他仕事関係のものを購入した時の料金などです。
よろしくお願いします。

原則としては、休業中の経費計上は難しいと思います。必要経費とは、「収入を得るために直接要した費用」だからです。

ただし、収入を得ようとして経費を使っているにもかかわらず、収入が思うように上がらない。もしくは、結果的に収入が0であったというようなことは考えられることです。
したがって、休業中と言うのであれば経費は上げない方が無難ですし、営業活動をしていたが結果として収入が上がらなかったと言うのであれば、必要経費の計上は差し支えないと思います。
その点を考えていただき、営業している上でかかった経費を適切に計上されればよいかと思います。

本投稿は、2019年11月08日 22時11分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
34,129
直近30日 相談数
1,662
直近30日 税理士回答数
2,820