税理士ドットコム - 確定申告書の雑所得(その他)の書き方について - 雑所得の金額は、「総収入金額-必要経費」で計算...
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 確定申告書の雑所得(その他)の書き方について

確定申告書の雑所得(その他)の書き方について

複数の場所から収入がある場合、収入の合計をまとめて書いても大丈夫でしょうか?
例えばA社、B社、C社から10000円ずつ収入があった場合、まとめて30000円と書いても大丈夫でしょうか?
また、種目、報酬などの支払者の氏名・名称、所得の生ずる場所の入力は任意と聞きましたが、空欄のままでも大丈夫ということですか?

税理士の回答

雑所得の金額は、「総収入金額-必要経費」で計算しますので、収入金額はまとめて頂いて大丈夫です。
収入の明細等につきましても表示の義務はありませんが、問い合わせがあった場合には説明出来るようにしておかれた方が良いと思います。
宜しくお願いします。

説明不足がありましたので補足させて頂きます。
源泉税が徴収されているものが有りましたら、所得の内訳欄(又は所得の内訳書)に相手別の収入金額と源泉税の額を記入してください。
宜しくお願いします。

本投稿は、2016年07月09日 00時18分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

確定申告に関する相談一覧

分野

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
73,894
直近30日 相談数
1,624
直近30日 税理士回答数
2,709