[確定申告]勤労学生控除の申請について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 勤労学生控除の申請について

勤労学生控除の申請について

昨年アルバイトの掛け持ちをしていました。確定申告と勤労学生控除のことについて質問です。
2019年度分の給料が、掛け持ちの合計で103万円を超えてしまい扶養から外れてしまいました。
勤労学生控除で上限が上がると知り、色々調べてみたのですが年末調整で勤労学生の欄に記入が必要とのことでした。
掛け持ちしていたアルバイトのどちらも勤労学生の欄に記入していなかったのですが、

①これから確定申請で申告するということは可能でしょうか?どちらのアルバイトも源泉徴収票は所有しています。

②また、①が可能の場合e-taxで確定申告書を作成する際、「勤労学生控除」の欄に学校名を記入するだけで申請は完了になりますか?

税理士の回答

1.勤労学生控除は、給与収入の合計額が130万円以下であれば、年末調整、または確定申告で受けられます。
2.確定申告書B第2表の勤労学生控除の欄に、大学であれば学校名を記入すればよいと思います。あとは、個人番号(マイナンバー)を第1表に記載すればよいと思います。

本投稿は、2020年03月12日 22時54分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

関連キーワード

確定申告に関する相談一覧

分野

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
85,400
直近30日 相談数
1,317
直近30日 税理士回答数
2,255