[確定申告]不用品の線引きについて - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 不用品の線引きについて

不用品の線引きについて

以下の2つで、メルカリなどで売却する場合、不用品売却とできるものはありますでしょうか?

1.自分で使用する目的のみで購入し、しばらく使用したが、後からいらなくなったので売却したとき

2.しばらくの間自分で使用するが、あとで売却するのを前提に購入したものを売却したとき

ちなみに購入したものはアニメグッズや家具類です。自分で使用するものは自宅に飾ったりしています。

普段はアニメグッズ、家具などを仕入れをして販売しているのですが、時々、この商品は自分で使おうと思って購入したり、しばらく自分で使って後で売ろうと思って購入したりするので、質問させていただきました。

上記の1.2.は同年度内に購入と売却は行っているものとします。

税理士の回答

1.個人の不用品(生活用動産)を売った場合は課税の対象外になります。生活用動産とは、家具、じゅう器、通勤用の自動車、衣服などの生活に通常必要な動産を言います。
2.相談者様が購入したものがアニメグッズや家具類であれば、生活用動産になると思います。
3.課税の対象になるのは、物品に少額の利益をのせて継続的に販売している場合になり、雑所得としての申告が必要になります。

本投稿は、2020年10月18日 01時21分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

確定申告に関する相談一覧

分野

確定申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
52,372
直近30日 相談数
1,531
直近30日 税理士回答数
2,655