[贈与税]口座の管理が移転した日の証明 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 口座の管理が移転した日の証明

贈与税

 投稿

口座の管理が移転した日の証明

子供が成人する少し前に作成した、子供名義のゆうちょの口座がありました。
判子は子供のもので、親である私が作成し、管理・使用していました。
7年前に成人した子供が近くの金融機関で口座を作りたいと言ったので、このゆうちょの口座を渡しました。子供に渡した時点の残高は5万円ほどでした。
少しの金額でしたので、そのまま手渡し、それ以後は子供が自分のお金を入れたりして管理しています。
この場合、渡した時点で口座にあった金額が親から子への贈与になるという認識であっておりますでしょうか?
ただ、子供に手渡した際には残高は5万だったのですが、親である私が管理していた頃に、もしかしたら数十万円単位で入出金などがあったかもしれません。税務署がもしこの口座を確認した際に、その分も親から子への贈与だったのではないか?と疑われたりしないかと少し心配になっています。
その際には、子供に渡した・管理が移ったのは7年前のこの時からで、それ以前は親が管理していましたと説明すればよいものでしょうか?元々子供の判子で作成したので、客観的に親から子に管理が移った日が証明できないのですが…子が自分のお金を預け入れた日、下ろした日などになるのでしょうか?

税理士の回答

7年前の口座が相談者様の管理下に移った時点が贈与の時期になると考えます。
万一、その前のものが問題となっても、贈与税に関しては6年で時効となりますので、課税の問題にはならないと思われます。
以上、宜しくお願いします。

本投稿は、2017年10月09日 21時38分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

累計 相談数
12,712
直近30日 相談数
644
直近30日 税理士回答数
1,315

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら

税理士ドットコム トピックス

  • 新着記事
  • ランキング

税理士ドットコム ハウツー

  • 新着記事
  • ランキング