税理士ドットコム - [贈与税]親名義の借地権の底地購入に関して - 借地権の目的となっている土地(底地)をその借地...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 親名義の借地権の底地購入に関して

贈与税

 投稿

親名義の借地権の底地購入に関して

親名義の旧借地権の土地に息子家族で住んでいます。
建物名義は、親・息子の半々です。
この度地主から底地権の購入を打診されました。
今後も息子家族が住んで行きますが、税務上損のない方法、また父が住まないことで違反にならない方法を検討中です。
底地権購入前に息子へ贈与し、息子が底地権を購入するのか、底地権は父が購入し、将来的に息子が相続するのかなど、又は父名義の底地権を息子がそのまま地主から購入できるものなのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

税理士の回答

借地権の目的となっている土地(底地)をその借地権者以外の人が取得し、その後、地代の授受が行われない場合には、借地権者から底地の所有者に対して借地権の贈与があったものとして取り扱われることになります。
つまり、ご質問のケースのように、借地権をお父様が所有されており、その底地を相談者様が買い取り、その後、両者の間で地代の授受を行わないときには、借地権がお父様から相談様に贈与されたこととなり、相談者様に贈与税が課されることになりますのでご注意ください。
このような場合、実務では借地権者との連名で「借地権者の地位に変更がない旨の届出書」を税務署に提出するようにします。そうすることで、借地権に関する贈与税の課税を回避することができます。
ご質問のようなケースの場合には、実務的にはこの方法が現実的なものではないかと考えます。
以上、ご参考になれば幸いです。

早速ご返事いただきありがとうございました。尚、その届け出を出した後は、息子が地主、父親が借地人(ただし地代は不要)となるのでしょうか。
また、借地人である父親はその土地に住まない場合でも税務上問題はございませんでしょうか。度々恐れ入りますが、ご教示いただけますと幸いです。

ご連絡ありがとうございます。
届出を出した後は、相談者様が地主、お父様が借地人(地代はなし)という関係になります。
お父様はその土地上に住まわれなくても税務上は問題ありません。
なお、お父様にご相続が発生した場合には、この土地の借地権は依然としてお父様の財産ですので、相続財産に含めて相続税の計算を行う必要があります。その点はご留意ください。
宜しくお願いします。

早速ご返事いただきありがとうございました。おかげさまで今後の方針が見えてきました。大変感謝致します。

本投稿は、2018年02月13日 13時24分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

累計 相談数
15,779
直近30日 相談数
760
直近30日 税理士回答数
2,508

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら