贈与税の申告漏れについて - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 贈与税の申告漏れについて

贈与税の申告漏れについて

平成28年の末に父親の定期貯金400万を満期が来たのに合わせ、私の定期貯金にそのまま貯金しました。
そして初めて贈与税が掛かりそうだということに今頃気が付きました。
申告期限(平成29年3月15日でしたか?)から1年半たち、どれくらいの無申告加算税、延滞税が掛かるのでしょうか。
また、贈与税の時効は6年か7年と聞いた事が有りますが、ネットでは時効はありえないという意見も多くみられます。
一体どちらでしょうか?
浅学な私にどうかご教示くださる様お願いします。

税理士の回答

贈与税の時効は、贈与の発生から6年です。
これは、贈与と知らずに贈与していた場合になります。
しかし、贈与税の課税対象になると知っていながら、申告を行なわず、故意に贈与税の納税を逃れている場合、時効が1年延長され、7年となります。
参考にして下さい。

税理士ドットコム退会済み税理士

お互いに贈与の合意(あげる、もらう)があれば、贈与契約が成立します。
贈与に時効がないのは、贈与の実態がなければ、最終的に相続財産に組み込まれるためです。

税理士ドットコム退会済み税理士

単に名義預金なのでしょう。贈与で無ければ、申告も不要です。

まず、相談者様の名義で定期貯金にしたときに、お父様と相談者様の両方に「贈与の意思」があったかどうかが重要になります。
口頭も含めてお父様との間で「あげる・もらう」の合意があった場合には贈与になりますので、これからでも贈与税の申告納税をしておくことが必要になります。
400万円の贈与の場合には33.5万円の贈与税と、2万円弱の無申告加算税と延滞税が生じます。

一方、相談者様の名義で定期貯金にしたときに、お父様と相談者様の間で贈与の意思(合意)がなかった場合には贈与にはなりません。単に、お父様が相談者様の名義を借りて預金したものと考えます。この場合には贈与税がかかることはありませんが、見た目には贈与と誤解される危険性がありますので、速やかに真の預金者(お父様)に名義を変えておかれた方が良いと思います。

本投稿は、2018年07月30日 20時55分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

  • 贈与税申告漏れの加算税・延滞税

    お聞き苦しい話だと思いますが、贈与税の申告を忘れていました。 昨年私の実家をリフォームした際、私の両親から私たち夫婦へ家屋を贈与されたのですが、その申告をしな...
    税理士回答数:  2
    2018年06月25日 投稿
  • 過去の贈与にかかる贈与税、無申告加算税、延滞税が知りたいです。

    平成23年9月に義父から260万円の贈与を受けました。税金を払わなければと思いながら何年も経ってしまいました。今回申告しようと思うのですが、贈与税、無申告加算税...
    税理士回答数:  1
    2018年02月05日 投稿
  • 延滞税・加算税について

    私は4年分の申告漏れを気づいてから、自主的修正申告書を提出して、同日に少ない分を支払いしました。合計は79,000円でした。 私の質問は、 1)延滞税や...
    税理士回答数:  2
    2018年01月26日 投稿
  • 無申告 延滞税

    教えてください。 5年・4年・3年年前の確定申告を今年の2月に提出しました。 さっそく昨日、延滞税の振込用紙が届いたのですが、無申告加算税の分が来て...
    税理士回答数:  2
    2018年02月28日 投稿
  • 無申告加算税の金額について

    確定申告の無申告加算税の金額の算出について教えてください。 予定納税で15万程の納税を事前にしていました。 諸事情により、確定申告を期限後に行い税額が確定し...
    税理士回答数:  1
    2015年09月18日 投稿

関連キーワード

贈与税に関する相談一覧

分野

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
71,612
直近30日 相談数
1,442
直近30日 税理士回答数
2,331