[贈与税]夫婦間の預金口座移動について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 贈与税
  4. 夫婦間の預金口座移動について

夫婦間の預金口座移動について

結婚してからしばらく共働きでしたが、私の出産を期に専業主婦になりした。
その際、それまでの夫婦別々の貯金を一つにまとめようとなり、私の貯金を500万円程度、夫の口座に移動しました。打ち分けは共働きの時に貯めたお金や親から結婚祝いで貰ったお金などです。合わせた貯金は生活費には使うことなくそのまま貯金してあります。

最近、夫婦間の口座移動も贈与税の対象になると聞き焦っています。

この場合は贈与税の対象になるのでしょうか?今からでも私の元の口座に戻した方がよいのでしょうか?
ご教示ください。

税理士の回答

こんにちは。
一つの口座にまとめたとの事ですが、質問があります。
一つの口座の名義はご主人となっているようですが、その口座の届出印もご主人の印鑑を使用しておりますか?
また、そもそも何故一つの口座にまとめたほうが良いということになったのでしょうか。まとめることによりメリットがあったのでしょうか?
この点について教えて頂けますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

ご返信ありがとうございます。
口座は夫が結婚前から使用していたもので、名義も印鑑も夫のものです。

口座がいくつもあると分かりにくいので夫婦の貯金用にまとめようということになり移してしまいました。

ご教示お願い致します。

こんにちは。
回答が遅れてしまい大変申し訳ありません。
一つにまとめた後の口座はご主人の口座であり、例えば奥様がご自身のためにその口座からお金を引き出して使う場合に、ご主人の了解が必要になるということになります。
従いまして、このまま放置いたしますと、奥様からご主人への資金贈与として認定される可能性があります。
では、どうすればよいかですが、早急に奥様が提供した資金を確定させて、その金額をご主人の口座から奥様の口座へと移動してください。
その際ですが、本回答を印刷して保管するようにして下さい。

税務署長殿
贈与とは、お金か物の移転をすることであり、そこには「あげるよ」という意思と「もらうよ」という意思が存在することが必要です。
今回のケースは「あげる」も「もらう」の意思も存在してはおらず、あくまでも資金を管理するだけの目的でまとめてしまったものであり、贈与税に関する誤った知識による行為と言えます。
従いまして、「あげる」という意思も「もらう」という意思も存在していないので、正しい形に資金を戻すことが相当と考えます。
贈与税について正しい知識を得た現時点で、過去の行為を正すのですから、これもまた贈与には該当しません。
今後は、それぞれの口座で管理していくことをお約束し贈与税の課税対象にはしないようにお願いします。

上記文章を印刷して保管し、何かあったときにこの文章を税務職員にご提示ください。

本投稿は、2021年06月11日 12時25分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

贈与税に関する相談一覧

分野

贈与税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
65,804
直近30日 相談数
1,448
直近30日 税理士回答数
2,480