生涯独身で死んでしまったら、残った財産はどうなるの? - 税理士ドットコムハウツー

税理士を無料紹介!

  • 24時間
  • 年中無休
  • 秘密厳守
  • 全国対応

通話無料 0120537024

  1. 生涯独身で死んでしまったら、残った財産はどうなるの?

生涯独身で死んでしまったら、残った財産はどうなるの?

はじめに

若者の未婚率が上がっている昨今、一生涯独身というケースは今後珍しくはなくなるでしょう。では、もしも独身で身寄りがないまま死亡した場合、その人の財産は一体誰のものになるのでしょうか?今回は、相続人がいない場合や、いなくなった場合の財産の行方について解説します。

目次

独身のまま死亡すると、誰が相続人になる?

人が死亡した場合、相続人になる人とその順番については、民法によって細かく定められています。

「配偶者」は常に相続人となる権利があり、その他の相続人は順番によって決まってきます。

まず「子供」については、第一順位の相続権があります。もしも、結婚をせず子供もいないまま死亡すると、第二順位の相続人として浮上するのが「直系尊属」、わかりやすく言うと自分の両親です。

ただ、事故や病気以外で両親よりも先に死亡するケースは比較的稀です。両親が既に死亡している場合は、第三順位として本人の「兄弟姉妹」が浮上してきます。もしも兄弟姉妹も死亡している場合は、兄弟姉妹の子供、つまり死亡した本人から見て「甥姪」が代襲して相続人となります。

以上、ここまでが相続人となる可能性がある人の範囲です。もしも配偶者も甥姪もいなければ、相続人は誰もいないということになるのです。ですから、もしも子供がいない独身の方がお亡くなりになられた場合は、両親(祖父母)、兄弟姉妹、甥姪の順番で所在を確認していくと、その人に相続人がいるのかどうかがわかります。

誰も相続人がいない場合はどうなる?

これらの相続人が誰一人としていなかった場合、財産は一体誰のものになるのでしょうか。これについては民法において「国庫に帰属する」と規定されています。すなわち国のものとなります。

ただし、個人が所有していたものですから、死亡してすぐに国のものになるというわけではありません。まずは本当に相続人がいないのか、入念に確認する手続きが行われます。

探すと意外に相続人が見つかることがある

表面的には相続人が誰もいないように見えても、詳しく調べていくと実は相続人がいたというケースはよくあります。

例えば、次のような事情を抱えている方が死亡すると、相続人がすぐに見つからない可能性があります。

  • 両親や家族と絶縁状態
  • 離婚した後、子供と全く会っておらず居場所も知らない
  • 認知した子供がいる

これらの場合は、たとえ相続人がいたとしても、死亡したことの情報が相続人にまで届かないため、一見するとは相続人がいないように見えてしまいます。ですが、法律上これらの人には相続権が発生していますので財産を相続することができます。

官報を見逃すと、財産をもらい損ねる!?

相続が発生して相続人が見当たらない場合は、親族など利害関係人または検察官の請求によって「相続財産管理人」という人が家庭裁判所によって選任されます。相続財産管理人には基本的に弁護士が選任され、その人が一定の期間をかけて相続人がいないかの確認を行います。

具体的には「官報」という国の発行している新聞のようなものに、「〇〇さんが亡くなりましたが、相続人の方はいませんか?」という内容の文章を掲載し、一定期間申し出があるかどうかを待ちます。

相続財産管理人が選任されてから、およそトータルで10か月程度待っても相続人が名乗り出てこない場合は、相続人の不存在が確定してしまいます。その後に相続人が現れても相続することはできなくなってしまいます。

亡くなった方にお金を貸していた場合どうなる?

相続人が出てこないと困るのが、亡くなった方にお金などを貸していた債権者です。万が一相続人が現れない場合でも、債権者に配当できるだけの財産が残っていれば、相続財産管理人が清算手続きによって、財産から借金を清算してくれます。

ただし、債権者は亡くなった方にお金を貸していたことについて、自ら相続財産管理人に申し出る必要がありますので、うっかり忘れないよう気を付けましょう。

相続放棄によって相続人がいなくなることも

なお、相続人が見つかっている場合でも、相続人が誰もいなくなるケースがあります。

それは「相続放棄」です。すべての相続人が相続放棄をすると、最終的には相続人は誰もいなくなってしまいます。

ただ、この場合注意しなければならないのは、後順位の相続人です。相続人が次々と相続放棄をするケースというのは、すなわち財産よりも借金が上回っているケースが考えられます。もしも相続人が相続放棄をすると、後順位の相続人に相続権が移ります。

例えば死亡した本人の子供や両親など第二順位までの相続人がすべて相続放棄をした場合に、兄弟姉妹がこれに気がつかずにいると、最悪の場合、兄弟が残した借金を相続してしまう恐れがあります。

よって、債務超過を理由に相続放棄をする際には、親族に迷惑がかからないよう、あらかじめ後順位の相続人に相続放棄をする旨を伝えておくことをおすすめします。

おわりに

最終的に相続人がいなければ、財産は国のものになってしまいます。ただ、実は相続人が全然違う場所で生活していて気がついていないだけ、ということが往々にしてありますので、心あたりのある方は、自分が相続人となり得る人が存在するのかどうか、今一度よく確認しておくことをおすすめします。

相続財産の他のハウツーを見る

もっと見る

協力税理士募集中!

税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。

募集概要を見る

ライター募集中!

税理士ドットコムはライターを募集しています。

募集概要を見る

相続財産に寄せられた税務相談を見る

葬儀代は誰のお金から払う?

2014年06月16日 投稿 葬式などの費用は、出した者の負担となる。いわゆる、出した者損となるらしいのですが、やはりそうなのでしょうか? 亡くなった人の遺産があった場合、遺産の中から出す...

税理士回答数 :  1

[海外在住]相続した家の売却で確定申告は必要か?

2014年06月16日 投稿 海外在住。平成5年に父が4千3百36万で購入した埼玉県のマンションを、平成13年父が死亡した折に母と相続しました。母が平成19年に死亡し、私名義になった空の部屋...

税理士回答数 :  1

「小規模宅地の特例」の期限後適用

2014年06月16日 投稿 3年近く前に父がなくなりましたが相続の手続きを一切しておりませんでした。「小規模宅地の特例」を適用すれば相続税はかからないものと思っていました。最近、「小規模宅...

税理士回答数 :  1

土地の相続について

2014年06月16日 投稿 昨年5月に母方の祖父が亡くなりました。祖父は私に家と土地を継いで欲しいと言っていましたが、遺言書は残していません。母には姉と弟がいますが、15年前に祖父が家を建...

税理士回答数 :  1

相続税計算時の課税価格について

2014年06月16日 投稿 相続税計算時の課税価格について教えてください。 有価証券、預金、不動産等は名義があるので対象資産となるのはわかるのですが、美術品や骨董品は名義がないので故人の物...

税理士回答数 :  1

顧客満足度の高い税理士を無料でご紹介します。

このようなニーズがある方は、お気軽にご相談ください。

  • 税理士を変更したい
  • 初めての税理士を探したい
  • 相続税の申告をしたい
  • 会社設立・開業をしたい
  • 個人事業主の節税・申告をしたい
税理士選び〜契約までをサポート
通話無料 0120537024
  • 最短当日
  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応