税理士ドットコム - [相続財産]株贈与契約書において捨因は必要なのか。 - 捨て印はご質問者様の仰る通り、誤字脱字があった...
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続財産
  4. 株贈与契約書において捨因は必要なのか。

株贈与契約書において捨因は必要なのか。

株式の贈与契約書において、捨印のあるものを税理士の先生が必要とする意図についてお伺いします。

会社の株式の贈与契約書を税理士の先生に作成して貰いましたが、契約者の名前が間違っていた為、作り直しを依頼いたしました。
先日、修正された新しい契約書が送られてきましたが、名前の横以外に捨因を押すよう下のほうに鉛筆で2つの丸が書いてあり、郵送で送り返すよう税理士から依頼されました。
本件について私は下記の通り疑問に感じています。
1.捨印は、契約書の文言の修正削除の為に用いるのであり、勝手に内容を変更したり削除できるようなものを税理士が必要とする意図が分からない。
2.仮に捨印が必要であるならば、何故、最初の契約書(契約書の名前を間違えた時点)で捨印の指示がなかったのか。
3.自分としては後で第三者に修正されることがないよう、捨印なく、贈与契約書を作成したいが何か問題が発生するのだろうか。

ですので、今回、捨印つきの贈与契約書を税理士の先生が出してきた意図について、もし推測などで結構ですので教えて頂ければ幸いです。

税理士の回答

捨て印はご質問者様の仰る通り、誤字脱字があった場合に訂正する為、一般的に行います。
ご質問者様のご質問以前に、贈与契約書の作成自体は司法書士、行政書士の職域で、厳密にいえば、税理士には資格がありません。
その契約書に基づいて申告するのが税理士の役割です。
話しは飛びますが、ご質問者様がその税理士に対して信頼置けないならば捨て印は必要無いかと思います。

大変参考になりました。
別府先生、どうもありがとうございました。

本投稿は、2019年03月17日 20時18分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

  • 控えに押される収受印は第一票だけでよいのでしょうか?

    先日郵送した確定申告書Bの控えが、税務署から返送されてきました。 第一表と第二表の控えを両方送りましたが、 収受印は第一表にだけ押されて、第二表には収受...
    税理士回答数:  1
    2017年03月10日 投稿
  • 相続開始3年以内の第三者への贈与について

    昨年12月に父が他界し、相続税申告の準備をしている相続人です。 亡くなる半年前に父の意思により、実家の先祖供養のために叔母へ100万円を寄与しました。 これ...
    税理士回答数:  2
    2019年01月26日 投稿
  • 第三者への相続について教えてください

    分割協議で第三者に相続させる場合は、分割協議書にも第三者の印鑑や印鑑証明書、戸籍は必要ですか? 遺贈扱いになり、相続税が変わってくるのですか? 贈与...
    税理士回答数:  2
    2018年04月28日 投稿
  • 契約書の文言について

    下記文言で契約書を作成した場合、「譲渡する」という文言が入っているので、譲渡の目的に関わらず税務上は贈与となってしまいますか? それとも、税務上の贈与=「無償...
    税理士回答数:  1
    2018年02月22日 投稿
  • 領収証 担当者印

    この春から、個人事業で塾を開業します。 授業料を、教室で受け取った際の領収証ですが、お客様用と、控え、両方に担当者印を押すべきでしょうか。 塾名は印刷で入れ...
    税理士回答数:  1
    2019年02月20日 投稿

相続財産に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,251
直近30日 相談数
1,143
直近30日 税理士回答数
2,254