相続税の課税対象額の考え方 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 相続税
  3. 相続税の課税対象額の考え方

相続税の課税対象額の考え方

夫と子供が2人です。夫が死亡すると、妻と子供の3人だと4800万円まで非課税だとききましたが、その際に例えば夫の財産が2500万円、妻の財産が2500万円あったとして、課税対象額は2500万円ですか?それとも5000万円ですか?

税理士の回答

(詳細は分かりかねますので、簡潔に回答をさせていただきます。ご了承ください。)
 原則として夫の財産2,500万円が課税対象となります(妻の財産が、実質的に夫の財産である場合を除きます)。
 ご参考願います。
 以上、宜しくお願い致します。

本投稿は、2019年02月15日 16時19分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

相続税に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,307
直近30日 相談数
1,211
直近30日 税理士回答数
2,134