[給与計算]役員給与の決め方 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 給与計算
  4. 役員給与の決め方

役員給与の決め方

 法人を立ち上げを予定してます。一年後には役員給与として600万を受け取れる程度の利益が出ると仮定するとします。
その場合、1年目は役員給与を300万にして、2年目から(利益が出てきたら)600万にしようと思っていました。
しかし、青色申告をする事で損益を9年?10年?繰延出来るのですか?
それならば質問です。
 当初の予定通り300万→600万にするよりも、1年目から600万にするべきでしょうか?

税理士の回答

個人、法人の税金総額に対してのご質問でしょうか?ご質問以外に社会保険料負担はお考えになられていらっしゃいますか?
融資、販路拡大等様々な要因もあります。
漠然としていますので300万→600万に対しての判断は難しいと考えます。
少し厳しいご回答かと思いますが、ご容赦ください。

私の役員給与の決め方についての質問です。
1年目を年収300万にして、2年目から600万にするのか、1年目から600万にしてもいいのか?ということです。 
2年目からは年収600万を受けとる利益が出る予定での話です。
 1年目は600万の役員給与受けとるほどの利益は出ないけど、経費として繰延が出来るのなら1年目から600万の給与支払いを自分にしてもいいかという質問です。
 伝わりますか?質問がお門違いならすいません。

ご自由にご判断ください。
役員報酬は株主総会の下、または取締役会での決議事項です。
第三者にご質問されるならば、それなりの礼儀を尽くされたら如何でしょうか?
もう少しソフトにご質問されることが肝要かと存じます。

合同会社での話でした。素人で質問の仕方が不馴れでした。こちらの意図に反して別府さんのお気に触られたようで、すいません。回答ありがとうございました。

本投稿は、2019年03月17日 21時19分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

給与計算に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
25,276
直近30日 相談数
1,162
直近30日 税理士回答数
2,287