税理士ドットコム - [計上]会社設立して1か月現金出納帳が赤字になるので借入金(社長)を設定する場合 - 税法ではなく、あくまで実務上の見解に基づきお答...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 計上
  4. 会社設立して1か月現金出納帳が赤字になるので借入金(社長)を設定する場合

会社設立して1か月現金出納帳が赤字になるので借入金(社長)を設定する場合

平成27年8月に設立登記した会社です。
現金出納帳が何のことか赤字になったので、ありえない話ですが、ここでアドバイスを頂き、社長から借入金をすることで処理することにしました。
赤字になるのは合計で10万円くらいです。
そこで、前月繰越金に、10万円としたらよいのか、前月繰越金はないので0円として、開業してすぐに借入金を10万円としたほうがよいのかわかりません。
その都度、赤字になる前に少額を借入金として入れた方が良いのでしょうか?
また、こちらの税理士の先生から10万円程度であれば金銭貸借契約書の締結は不要と教えていただきました。
というのは、この10万円の借入金、親からの援助やタンス預金だからです。
出どころがはっきりしません。
個人口座から明確に出金して借り入れたのものではないからです。
また、ハローワークに再就職手当の給付に、現金出納帳が必要です。
来週(5日後)にはもっていかなければなりません。
税務署に提出するものと、ハローワークに提出するものに大幅な差があってはやはりまずいですね?
非常に悩んでいます。
1.現金出納帳の前月繰越金を0でなく、運転資金として10万円にすることで赤字になることを防止するのはどうか
2.赤字に現金出納帳がなる直前に借入金を設定するのが正しいのか
3.借主(社長)との間に金銭貸借契約は必要か
4.借入金の出どころは定かでない(10万円)

よろしくご指導お願い申し上げます。

税理士の回答

税法ではなく、あくまで実務上の見解に基づきお答えいたします。
1、前月繰越金を操作するのは適切と思えません。
2、したがって、その通り、赤字になる前に入金する会社もあります。
3、少額の場合は指摘されたことはありません。(当局より)
4、少額の場合は同様に指摘されたことはありません。
その他、現金勘定を使用せず、短期借入金で経理している会社も特に指摘を受けませんでした。税金は損益計算を主に考えますので、収益・費用についてはしっかり管理してください。零細企業に限った場合です。

本投稿は、2015年09月20日 06時37分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

計上に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
27,595
直近30日 相談数
1,224
直近30日 税理士回答数
2,253