建物を棚卸資産に計上した場合 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 計上
  4. 建物を棚卸資産に計上した場合

計上

 投稿

建物を棚卸資産に計上した場合

建売物件として、建築中の建物を建設仮勘定として資産に計上したくなく販売建売の勘定科目で、流動資産の棚卸資産として計上しています。
棚卸資産だと、仮払消費税が試算表に計上すれず、材料費とかの経費の支払い時に支払っている消費税は仮払消費税とされないのでしょうか?そうなると、今期支払う消費税が多くなるという事でしょうか?

分かりづらくてすみません。
例えば、1080円の材料費を支払った
建設仮勘定で入力だと建築仮勘定1000円
仮払消費税80円となりますが、
棚卸資産で入力だと棚卸資産1080円となり仮払消費税はうごきはありません。

税理士の回答

税理士ドットコム退会済み税理士

流動資産でも、固定資産でも消費税に変わりはありません。
おそらく、特定の科目について、貴社において税抜き処理、税込み処理を使い分けているだけでは無いかと思われます。

継続適用が要件です。
参考にして下さい。

【税抜経理方式について】
 税抜経理方式を選択適用する場合は、売上げなどの収益に係る取引について必ず税抜経理をしなければなりません。しかし、固定資産、棚卸資産及び繰延資産(以下「固定資産等」といいます。)の取得に関する取引又は販売費、一般管理費など(以下「経費等」といいます。)の支出に関する取引のいずれかの取引について税込経理方式を選択適用することができます。また、固定資産等のうち棚卸資産の取得に関する取引については、継続して適用することを条件として固定資産及び繰延資産と異なる経理処理方式を適用することができます。

(注) 税込経理方式と税抜経理方式とを併用して選択適用する場合でも、個々の固定資産等又は個々の経費等について異なる経理方式を適用することはできません。例えば、固定資産のうちある固定資産については税抜きとし、そのほかの固定資産については税込みとするというようなことは認められません。

2  税込経理方式について

消費税の設定の問題と思います。
建設仮勘定も、税込みで経理処理し、完成時に消費税を分けることも可能です。

本投稿は、2018年07月11日 21時46分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

  • 建設仮勘定の損金計上について

    お世話になります。 大家業をしているのですが、新築アパート計画を立て、建築士に設計図書を作成して頂きました。 その設計図書を複数のハウスメーカーに見せて見積...
    税理士回答数:  2
    2018年03月25日 投稿
  • 期末棚卸資産の計上について

    期末時点で棚卸資産を所有していますが、代金の支払が決算時点で不明のため、未払計上はしておりません。 この場合、期末時点で所有している棚卸資産は、期末棚卸資産と...
    税理士回答数:  2
    2017年04月03日 投稿
  • 建設仮勘定が調整対象固定資産に該当するか否か。

    太陽光の基礎工事(土木工事)が平成29年に終わったのですが、太陽光パネルや連結は未完成のため、基礎工事代金を支払った際に建設仮勘定にて処理しました。金額は税込...
    税理士回答数:  2
    2018年01月31日 投稿
  • 期末棚卸資産の計上方法について

    個人事業主(小売業)青色申告です。 1. 複数商品を仕入れた場合の手数料や送料は「個数÷手数料(または送料)」の計算で問題ないでしょうか? 2....
    税理士回答数:  2
    2018年03月07日 投稿
  • 決算年度をまたぐ建設仮勘定の消費税

    弊社は普通法人です。宜しくお願い致します。 建物を購入するにあたり決算年度をまたいで支払が建物分3回分割で消費税相当額も3分割で請求されて発生します場合、当社...
    税理士回答数:  3
    2016年10月05日 投稿
累計 相談数
16,680
直近30日 相談数
815
直近30日 税理士回答数
1,282

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら