[計上]iphone購入 - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 計上
  4. iphone購入

iphone購入

青色申告個人事業主です。iphone売却についての質問です。

①前年度iphone購入(75%を事業用として少額減価償却資産の特例を使用し一括償却しました。)
工具器具備品117,480/事業主借117,480
減価償却費88,110/工具器具備品117,480
事業主貸 29,370

②今年度新しいiphoneに買い替えるさい、下取りが80000円発生する場合どのように仕訳すればよいですか?下取り価格の分も家庭按分されるので、75%分だけ計上すればいいのでしょうか?具体的な仕訳方法等教えていただけないでしょうか。

税理士の回答

こんにちは。
あくまでも私の見解です。それを前提に説明していきます。
まず、前年度の仕訳で、購入費用の全額が工具器具備品に計上されております。ということは、そのiphoneの所有権は個人の家事用ではなく、個人事業に必要な資産として認識したことになると思われます。
その上で、減価償却費の内、25%相当額について家事使用分として事業主貸に仕分けしたと考えられます。
以上のことから、下取りの80,000円は個人事業主として収受したことになると思います。
では、この80,000円は事業所得の計算上雑収入として計上するのか、ということになりますが、そうではありません。
個人事業主が、減価償却資産を売却したときは、事業所得ではなく譲渡所得として計算する規定になっております。
従いまして、仕訳では80,000円は事業主借に仕分けして下さい。
そして、所得税の申告書上、総合譲渡の短期として所得計算をして頂くことになります。
注意して頂くことは、短期総合譲渡の収入金額は、80,000円で計算しますが、必要経費は前年の個人事業所得で経費化しておりますので、0円となります。そうしますと、短期譲渡所得としては、80,000円となりますが、特別控除の上限額が500,000円ありますので、結果的には短期総合譲渡所得の課税額は0円となります。
ちなみに、新しいiphoneの購入価格が100,000円と仮定したときの仕訳は次のとおりです。
      借方            貸方
工具器具備品 100,000円アイホン/事業主借 80,000円下取り額
               /現金預金  20,000円新アイホン
上記の仕訳を行い、所得税の申告時に短期総合譲渡所得で80,000円を忘れずに記入して下さい。
よろしくお願いいたします。

本投稿は、2021年09月15日 10時35分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

関連キーワード

計上に関する相談一覧

分野

計上に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
70,492
直近30日 相談数
1,325
直近30日 税理士回答数
2,246