税理士ドットコム - [決算申告]売上計上忘れを修正申告するのですがわからないことがあります。 - 一般に計算書類(貸借対照表,損益計算書等)等は株主...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 決算申告
  4. 売上計上忘れを修正申告するのですがわからないことがあります。

売上計上忘れを修正申告するのですがわからないことがあります。

2月が決算期の法人です。
4月に決算申告が終わっているのですが、売上計上忘れが発覚しました。
これから修正申告をする予定なのですが、その場合は、今期の決算書も修正できるのでしょうか?それとも来期で処理をするのでしょうか?
教えていただけると幸いです。

税理士の回答

一般に計算書類(貸借対照表,損益計算書等)等は株主総会決議によって確定します。翌期以降に過年度の処理に誤りが発見された場合は「過年度遡及会計基準」に基づいて処理することになると思います。影響額が重要であれば過年度の修正を行い、重要でない場合は発見した年度に処理すればよいと思います(過年度の遡及修正はしない)。

ご質問のケースでは決算書を修正することはできず、修正申告書で税務調整(別表4で加算処理)して税額の不足分を納税することになります。
そして、翌期の決算(会計)で忘れていた売上を計上し、申告書(別表4)においてその売上の金額を減算処理して納税が重複しないように税務調整を行います。

ありがとうございました。
上記の税務調整は、これから事業融資を受けたい場合、マイナス要因になるのでしょうか?

ご連絡ありがとうございます。
正しい処理をされる訳ですから、融資の審査でマイナス要因になることはないと思われます。

修正申告を行う場合は会計上も株主資本等変動計算書の利益剰余金期首残高に「過去の誤謬による累積的影響額」という勘定科目を入れる必要があるように思います。別表4及び別表5の具体的な書き方に関しては国税庁のHPに記載してあります「法人が会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」を適用した場合の税務処理について」問7を参考にして頂ければと思います。
融資審査に関してはでマイナス要因にはならないと思います。

本投稿は、2019年05月19日 11時17分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

決算申告に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
44,575
直近30日 相談数
1,895
直近30日 税理士回答数
3,589