税理士ドットコム - [経理・決算]貸借対照表の、事業主借りについて教えて下さい。 - 事業主借0はあり得ることですので何の問題もありま...
  1. 税理士ドットコム
  2. 経理・決算
  3. 貸借対照表の、事業主借りについて教えて下さい。

経理・決算

 投稿

貸借対照表の、事業主借りについて教えて下さい。

現在、現金売上で、金庫管理。預金は使用していません。

例えば、
1月末に金庫に30万
生活費として8万円、事業主貸 8万 / 現金8万 で仕訳しています。


・残りの22万で、2月の事業(費用払い)が可能。(2月中の売上も入ってくる為)
・財布を事業用、プライベート用と2つに分けている(プライベート財布から、事業用の費用は払っていない)

・生活費として借りた8万円内で、生活できる。さらに、余った場合。


この繰り返しで、年度末までにいけた場合、貸借対照表の事業主借は0になりますか?

貸借対照表の事業主勘定は、いくら貸したか、借りたかを明記するだけだとしたら、事業主借が0でも問題ないかなと思いましたが、プロの方のご教授を頂きたいです。

また、初歩的でお恥ずかしい話ですが、生活費として事業主貸8万のうち余った分は、特に事業に戻す必要はないでしょうか?(;_;)
現在、貸借対照表の最終段階まで来ており、青色申告前の所得金額は、合っております。
ご教授宜しくお願い致します。

税理士の回答

事業主借0はあり得ることですので何の問題もありません。
生活費の余った金額を事業に戻す必要もありません。

早速のご返信有難うございました!
迅速にご回答頂きました事、感謝いたします!
有難うございました!

本投稿は、2018年02月13日 13時28分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

累計 相談数
14,995
直近30日 相談数
735
直近30日 税理士回答数
2,246

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら