税理士ドットコム - 消費税(簡易課税)の基準期間の売上高について - 基準期間は課税期間に対応させて考えるのではなく...
  1. 税理士ドットコム
  2. 税金・お金
  3. 消費税
  4. 消費税(簡易課税)の基準期間の売上高について

消費税

 投稿

消費税(簡易課税)の基準期間の売上高について

29年12月~30年11月で課税事業者になりました。29年12月~30年2月は一般方式で、30年3月~30年5月、30年6~8、9~11と簡易課税の予定です。課税売上は今期から5000万以上になりそうです。簡易課税を判定する基準期間の売上高は例えば31年3月~5月分申告の時はいつになりますでしょうか?3ヵ月ずつの申告はいつからやめれますでしょうか?

税理士の回答

基準期間は課税期間に対応させて考えるのではなく事業年度で判定します。
基準期間はその事業年度の前々事業年度となりますので、31年3~5月の課税期間が属する事業年度は30年12月~31年11月となり、基準期間は29年12月~30年11月となります。
3月の課税期間を今事業年度(29年12月~30年11月)から選択したのであれば2年間強制適用となりますので、課税期間の変更は31年12月からとなります。変更するには、31年9~11月の間に課税期間選択不適用届出書を提出する必要があります。

こんにちは。

31年3月~5月分の申告(事業年度:30年12月~31年11月)の基準期間は「28年12月~29年11月」となります。

3ヵ月ごとの申告をやめられるタイミングですが、
・29年12月から課税期間短縮 → 31年12月から(31年9月~11月の間に不適用届出書を提出)
・30年3月から課税期間短縮 → 32年3月から(31年12月~32年2月の間に不適用届出書を提出)
となります。

返答ありがとうございます。
確認ですが、簡易課税の判定(5000万)も基準期間で考えるので同様に
12月~11月で考えてよろしいでしょうか?

すみません。前々事業年度は28年12月~29年11月の誤りです。

本投稿は、2018年10月12日 10時37分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い税務相談

  • 基準期間による消費税課税事業者の判定について

    今回確定申告するにあたり(白色)二か所から常用としての支払いを受けました。 一方は日給でいただき、もう一方は源泉徴収され給与としていただきました。 私が諸事...
    税理士回答数:  1
    2017年02月28日 投稿
  • 消費税の簡易課税について

    消費税の簡易課税の申込みですがエステティシャンのような施術と化粧品などの販売をしている場合には小売業でいいのでしょうか?
    税理士回答数:  1
    2018年07月28日 投稿
  • 4月1日以降の消費税

    4月1日以降に3月分の清算があった場合(4月に入ってから3月分の請求書が届いた場合等)ですが、この場合は仮払消費税は5%で処理してもよいのでしょうか? また、個...
    税理士回答数:  1
    2014年06月16日 投稿
  • 課税売上が5億円超の法人の消費税について

    課税売上が5億円を超える場合は個別対応方式か一括比例配分方式により消費税を計算すると思うのですが、仮に課税売上しかない場合はどうするのでしょうか?結果的には全額...
    税理士回答数:  2
    2018年04月24日 投稿
  • 課税売上高について

    課税売上高が1,000万円以下の個人事業主は消費税の免除ということですが、 例えば 収入1,500万円 支出700万円 額面年収800万円 の場合 『...
    税理士回答数:  1
    2018年09月12日 投稿

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
20,902
直近30日 相談数
1,154
直近30日 税理士回答数
1,944