配偶者控除について - 税理士に無料相談ができるみんなの税務相談 - 税理士ドットコム
  1. 税理士ドットコム
  2. 確定申告
  3. 配偶者控除
  4. 配偶者控除について

配偶者控除について

給与収入1400万円で確定申告を行いました。その際、療養の為に休職した後、退職をして将来、失業保険を受給する予定と伝えたところ、医療保険が別だから配偶者控除はダメですと言われました。しかし、職場では【そんな事はない、医療保険の扶養と、所得税上の扶養は別だから妻の年収が0若しくは40万円で在れば。。。確か103万円迄配偶者控除が受けれる】と人事が首をかしげていました。修正申告は出来ると言われましたが、どちらが正しいのでしょうか?

税理士の回答

医療保険というのは健康保険、厚生年金などを指す社会保険のことでしょうか。
所得税の扶養と社会保険の扶養の関係についてに絞ってお答えいたします。

これらは基準が別々で、片方が扶養に入っていないからもう片方は扶養に入れないという関係にはありません。 ですので、社会保険の扶養に入っていないからと言って所得税の扶養に入れないということはありません。

奥様の給与収入が103万円以下であれば、配偶者控除が受けられます。

No.1191 配偶者控除
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1191.htm

平成29年の確定申告に行かれたのですか?
その際に、平成30年の予定を話されたのですよね。

平成30年から、所得金額が1000万円を超えると、配偶者控除の適用がなくなります。そして、給与所得控除の上限は195万円です。
従って、給与収入1195万円を超える方には配偶者控除の適用はありません。

ご相談分では分かりませんが、ご相談者様の所得が高いので、退職しても、それまでの給与が高額なら、配偶者控除はなくなるとか、いずれにしても、税務署の方は、このあたりのこと言ったのではないでしょうか。

本投稿は、2018年06月30日 09時44分公開時点の情報です。 投稿内容については、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この税務相談の書き込まれているキーワード

この相談に近い税務相談

  • 配偶者控除と医療費控除について

    妻が1月から12月まで産休と育休期間中です。 1月から出産のため入院したため医療費控除をしたいと思います。 産休と育休期間中ですので、私の扶養にいれよう...
    税理士回答数:  1
    2018年01月17日 投稿
  • 改正された配偶者控除について

    配偶者控除の年収要件が、現在の103万円から150万円に引き上げられる場合、給与所得控除が配偶者の場合だけ変わることになるのでしょうか? 配偶者の給与所得控除...
    税理士回答数:  1
    2017年01月07日 投稿
  • 配偶者控除・配偶者特別控除について

    妻のパートが年収103万以下までは、配偶者控除枠に該当して38万円の控除を受けることができると思うのですが、103万を超えて141万以下であれば配偶者特別控除を...
    税理士回答数:  1
    2017年08月26日 投稿
  • 産休育休中の配偶者特別控除、医療費控除について

    【1.配偶者特別控除について】 夫は自営業で毎年確定申告をしています。現在妻(会社員)が29.4.29に第一子を出産し育休を取得しています。勤務は29.3.3...
    税理士回答数:  1
    2017年11月06日 投稿
  • 配偶者控除・配偶者特別控除について

    配偶者控除・配偶者特別控除の違いや意味合いがよくわからないので教えてください。 妻や夫がいて、なおかつ扶養に入っている場合にのみこの控除は受けられますか?...
    税理士回答数:  2
    2018年06月15日 投稿

配偶者控除に関する他のハウツー記事を見る

みんなの税務相談

税理士の無料紹介サービス

プロが税理士を無料でご紹介いたします

  • 相談無料
  • 全国対応
  • 24時間受付
税理士紹介サービスの詳細はこちら
累計 相談数
26,354
直近30日 相談数
995
直近30日 税理士回答数
1,880